出川見たさに見ちゃうんだけどね

絶好調『イッテQ』、人気ピーク終了? 「スタッフいじり」蔓延は「フジの二の舞」か

itteq0913.jpg
『世界の果てまでイッテQ! Vol.1』/アニプレックス

 10月期の各局タイムテーブルが出揃った。最注目は日曜午後7時枠で、強豪の日本テレビ系『THE!鉄腕!DASH!!』に対し、テレビ朝日系は『日曜もアメトーーク!!』、TBS系は『クイズ☆スター名鑑』、フジテレビ系は古舘伊知郎司会の『フルタチさん』で迎え撃つ。

 そんな『DASH』とともに、高視聴率を叩き出す日テレの看板番組といえば『世界の果てまでイッテQ!』だが、あるテレビ関係者は、同番組の出演者であるイモトアヤコの今後について懸念しているという。

「『イッテQ』に出始めてから9年。彼女も少しテレビに慣れてしまい、新鮮味がなくなりつつあります。番組側も新人を起用するなどして“ポスト・イモト”を探っている感がここのところ見て取れる。現在、イモトの『イッテQ登山部』が再始動し、アルプスの名峰・アイガー(標高3,970m)に挑もうとしていますが、もしかしたら登頂後にイモトの去就に何らかの動きがあるかもしれません」

 さらに、“お祭り男”として世界各地の珍しい祭りに参加している宮川大輔も、9月16日で44歳を迎える。「仕方ありませんが、以前より体力が衰えているのは明らか。もともと勝ち負けより面白さで勝負するコーナーですが、祭りの予選を勝ち進まないと尺的にもたないので、スタッフも悩みどころでしょう」(同関係者)。

 昨年5~6月、同番組は20.6%(5月31日)、20.9%(6月7日)、20.3%(6月14日)と3週連続で“大台”を突破したことが話題になったが、今年は最近の視聴率を見ても13.3%(8月14日)、16.9%(8月21日)、14.7%(9月4日)と少々寂しい数字だ。

 また、もう1つ『イッテQ』で気になる点があると、先の関係者は語る。

「それはスタッフの露出です。この番組にはアシスタントプロデューサーの中附智貴氏やロケディレクター・石崎史郎氏はじめ、スタッフや裏方が出ることで知られています。もともとロケの段取りの悪さや、予算の少なさを公表することで人気を得てきた番組のため、スタッフいじりもやむを得ないところがありますが、日テレでは『月曜から夜ふかし』でも積極的に行われているため、一部からは『やりすぎると、フジテレビの二の舞い』という意見も聞こえてきます」
  
 確かに、かつてフジの人気番組でも「内輪ウケ」が低迷の一因とされてきた。大道具や放送作家などの裏方メンバーで「野猿」なるダンスボーカルユニットまで作った『とんねるずのみなさんのおかげでした』、かつてのプロデューサー・中島優一氏や明松(かがり)功氏が積極的に出演していた『めちゃ×2イケてるッ!』などだ。これらはいずれも、最初は見慣れないスタッフが新鮮に映り、面白さにつながったが、それが過ぎるとただの自己満足にしかならなくなってしまう。『イッテQ』も、その見極めが重要だろう。

そのイジリ必要? ってのは確かにある

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  2. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  3. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  4. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  5. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  6. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  7. 新春ジャニオタ放談
  8. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  9. ムショ飯はうまいのか?
  10. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  11. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  12. 違法ギャンブルにハマる危険な芸能人
  13. “もう終わった”イケメン俳優3人
  14. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  15. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  16. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  17. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  18. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  19. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  20. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー