はじめから金がないなら違ったかな

坂口杏里、AVデビュー前提だった? ギャラ2000万円も「すでに使い果たしたよう」

anrisakaguti0908.jpg
『坂口杏里/Anrimited』/イーネット・フロンティア

 「週刊女性」(主婦と生活社)やスポーツ紙の報道で明らかになった、坂口杏里のAVデビュー。芸能人専用レーベル「MUTEKI」のギャラは1億円以上、本人の取り分は2000万円程度と報じられた。

「数千万円あった母の遺産をホスト遊びで使い果たしただけでなく、500万円の借金があるからAVデビューをしたと報じられていますが、借金はその額じゃきかないと思います。彼女は複数のホストクラブに通っていて、ここ最近はツケで飲み歩いていたそうです。なので、1店舗のツケが500万円、総額では2000万円のギャラが吹き飛ぶぐらいの借金があったのかもしれません。どうやらギャラはすでに使い果たしているようです」(週刊誌記者)


 「週刊女性」では8月に撮影が行われたと報じているが、7月にはすでに撮り終わっていた可能性が高い。

「すでにネットなどでは広まっていますが、坂口は滋賀県の高級風俗店と都内のデリヘルに勤務しています。実は7月頃から、業界内で“坂口杏里が会員制の風俗で働いているけど、200万円と強気だからか全然客がつかなくて困っているそうだ。そのためデリヘルに移り、20万円程度に価格を下げたって”というウワサが広がったんです。それも借金に困ってのことだったので、AVのギャラだけでは足りなくなり風俗勤務を始めたんじゃないかといわれています」(テレビ局関係者)

 それを裏付けるように、滋賀県の風俗店では今週立て続けに出勤するといわれているようだ。

「ホスト通いしている子の間では、杏里ちゃんのAVデビューの話はゴールデンウィーク頃から耳に入ってましたよ。何でもその頃、ホストクラブで“大金が入った”と豪遊していたみたい。ホスト通いしている知人も、“あんな遊び方していたら、お金がいくらあっても足りないよ”と呆れていました」(キャバクラ勤務の女性)

 また、こんなウワサも囁かれているらしい。

「一昨年、バイきんぐの小峠英二と週刊誌に撮られましたが、それは坂口側からのリークだったそうです。その時点ですでにAV業界とつながっている裏社会の人間と知り合っていて、その人物からのアドバイスがありリークしたとか。その人間は、当初から坂口をAVデビューさせる気満々だったんでしょう。小峠は売名行為に使われただけ。今後は小峠を彷彿とさせる男優と絡ませるプランもあるようなので、しばらくは世間を騒がせるでしょうね」(AV事情に詳しいライター)

 高畑裕太など、相次ぐ2世タレントたちのスキャンダル。今後、芸能界の2世たちは肩身の狭い思いをしそうだ。

杏里、生きろ!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  4. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  5. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  6. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  7. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  8. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  9. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  10. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  11. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  12. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  13. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  14. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  15. “もう終わった”イケメン俳優3人
  16. 20~30代女性「あこがれていた歌姫」
  17. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  18. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  19. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  20. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  5. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ
  5. 「捨てられる妻」の典型とは?

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  3. クリス・ブラウンが世紀のボクシング対決
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー