上り調子の日テレに大打撃

「何百ページの台本書き直し」『24時間テレビ』目前、“高畑ショック”で日テレ局内大混乱

24jikan-2016.jpg
『24時間テレビ』(日本テレビ)公式サイトより

 「おそらく日テレは出禁でしょうね」。そう日本テレビに近い関係者が語る人物は、俳優の高畑裕太容疑者。8月23日未明、宿泊先の群馬県前橋市内のビジネスホテルで女性従業員に乱暴しケガをさせたとして、群馬県警に強姦致傷の容疑で逮捕されたのだ。
 
 高畑といえば、人気女優・高畑淳子の長男。母親譲りの明るい性格、さらには「共演者はすぐ好きになっちゃう」「一緒に暮らす母に“アダルトビデオ返却しておきますか?”と言われて恥ずかしくなった」などの恋愛&私生活トークがテレビマンの評判を集め、各局に引っ張りだことなった。その中で起こった逮捕だが、とばっちりを最も食らっているのが日本テレビなのだ。
 
「2015年11月23日オンエアの『しゃべくり007』(日本テレビ系)にゲスト出演した際に13.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)の高視聴率を記録したことがきっかけで、同局の人気番組に続々と出演。今年1月からは『ぐるぐるナインティナイン』(同)のちびっ子力士応援企画『金星相撲部』のコーナーレギュラーに起用され、さらにこの9月から始まる新番組『1周回って知らない話』(水曜午後7時~、同)のレギュラーにも決定しました」(芸能ライター)
 
 もちろん、これらはいずれも降板となるだろう。さらに、事件発覚当夜にオンエア予定だった『今夜くらべてみました』(同)にもゲストで出ていたため、急きょ放送は中止され、過去回の再放送に差し替えられた。
 
「タレントが不祥事を起こした際、その直後に放送される番組では、顔をモザイクでぼかしたり出演シーンをカットすることがあります。しかし、再放送というのは極めて異例のこと。モザイク加工する時間もなく、新たな編集素材のストックもなかったのでしょう」(制作会社スタッフ)

日テレなら、ドタバタの舞台裏も放送すると思われ

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  2. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  3. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  4. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  5. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  6. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  7. 新春ジャニオタ放談
  8. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  9. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  10. ムショ飯はうまいのか?
  11. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  12. “もう終わった”イケメン俳優3人
  13. 違法ギャンブルにハマる危険な芸能人
  14. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  15. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  16. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  17. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  18. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  19. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  20. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー