【うわさの会見場から】

「解散ビジネスやろうかな」サンプラザ中野くん、SMAP騒動めぐる放言が“使用NG”に!

nakaibanban.jpg
中居くん、トークがざわついてるのはここです

 ファンならずとも多くの人に影響を与えたSMAPの解散発表。それからの数日間は、芸能イベントはSMAPの話題で持ち切りとなり、タレントの囲み取材では、SMAPと面識があるかないかにかかわらず、コメントを求められることが恒例となった。トレンディエンジェルの斎藤司はヒット曲「SHAKE」を歌って踊るサービス精神まで見せ、報道陣の心をつかんでいたというが、対応を少々誤ったばかりに、報道陣からブーイングを食らう者もいたようだ。

「解散発表の翌朝に開かれた映画『ONE PIECE FILM GOLD』の舞台挨拶では、さっそくフランキー役を務めている声優の矢尾一樹が、『SMAPは解散しても、オレたち麦わらの一味は絶対解散しねぇぜ!』と便乗。会場に集まった子どもたちを無視した、マスコミ向けのアピールだったため、記者からは『あざとい』といった声も。また映画『ゴーストバスターズ』の舞台挨拶には、友近、渡辺直美、椿鬼奴、南海キャンディーズ・山崎静代で結成された“ゴーストバスターズ・ジャパン”が出席。司会者がわざとらしく『皆さんは解散しませんよね?』と質問し、友近が『我々は永久に不滅です!』と答えるなどネタにしていたのですが、それが思いっきりスベっており、『茶番すぎる』『記事にしたくない』とボヤく記者もいました」(テレビ局関係者)


 さらには、タレントの所属事務所側がSMAPをNG質問に指定したため、ピリピリムードになったイベントもあったという。

「解散発表後、ジャニーズ事務所のタレントが出席するイベントが多く開催されましたが、トップバッターとなったのがSixTONESのジェシー、松村北斗、田中樹でした。事務所側はSMAP解散についてコメントさせたくない意向でピリピリしており、最後の最後にジェシーが『とにかくびっくりしました』とだけ話しました。また、音楽イベントの開催発表会見に出席したサンプラザ中野くんは、『爆風スランプは解散していません!』『解散ビジネスやろうかな』などと、ノリノリで発言したものの、所属する大手事務所アミューズが、後からSMAP関連のコメントは使わないでくれと要望を出してきたんです。アミューズとしては、ジャニーズのゴタゴタに一切関わらない姿勢を貫きたいようですが、記者からはブーイングでしたね」(同)

 タレント側も距離の取り方が難しいSMAPの話題に苦労している様子が伝わる。解散まで約4カ月。この緊張感はまだまだ続きそうだ。

ただのビジネスで、解散がウソだった方がどれだけいいか!!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 菊地亜美の会見がド修羅場に
  2. 三浦春馬、写真流出の裏である豪語
  3. 元KAT-TUNと元NEWSが共演
  4. 野村周平のアンチが急増しているワケ
  5. 三代目JSB・山下の恋人にファン大混乱
  6. 芦田愛菜が合格した名門私立は?
  7. 田口淳之介、異例メジャーデビューの裏
  8. 『嘘の戦争』制作発表が修羅場に
  9. ザ・ウィークエンドの新曲がエグい!
  10. “○○が面倒くさい”芸能人
  11. 丸山の繊細なブログにファンも心配
  12. 今月号もひどい「CLASSY.」の恋愛企画
  13. 栄養ドリンクで疲労は一切とれない
  14. 「タウリン配合」はまったく意味ナシ!
  15. “もう終わった”イケメン俳優3人
  16. 月9イケメン俳優3人の業界評は?
  17. ジャニーズ生写真売り上げ【1月】
  18. 男性保育士問題へのリアルな本音
  19. 「親の弱さを知る」意味
  20. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?

ジャニーズの人気記事

  1. 元KAT-TUNと元NEWSが共演
  2. 田口淳之介、異例メジャーデビューの裏
  3. 『嘘の戦争』制作発表が修羅場に
  4. ジャニーズ生写真売り上げ【1月】
  5. 近藤真彦「嵐派だから」と軽口発言

カルチャーの人気記事

  1. 今月号もひどい「CLASSY.」の恋愛企画
  2. あの子に赤ちゃんを殺される! ボールをぶつけ、階段から突き落とす5歳女児に恐怖
  3. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  4. 植本一子「理想の家族像」から解き放たれて
  5. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら

海外ゴシップの人気記事

  1. ザ・ウィークエンドの新曲がエグい!
  2. 「ラーメン大好き」キアヌ・リーブス、日本でお気に入りの店が判明! ファンに神対応も
  3. 50セントが半年で25億円の債権を返済できたワケ
  4. M・タイソン、ブラピに妻を寝取られた過去
  5. ビヨンセ、夫の浮気の怒りをアルバムにぶつける!