芸能ニュース、ジャニーズ、嵐の最新情報やタブーを配信するサイゾーウーマン

kimurablack.jpg
拓哉のバックにつくメリー&静香が闇すぎる

 SMAP分裂・解散騒動勃発時から、グループ内で唯一「ジャニーズ残留」を表明してきたと伝えられる木村拓哉は、すっかり世間で“裏切り者”扱いとなっている。ジャニーズ事務所の御用達メディアは、決してそうは伝えず、香取慎吾など木村を除くメンバーたちが解散を望んだと書き立てているが、SMAPに関わる重要な人物が、ハッキリと「木村が裏切った」と吐露しているようだ。その発言の主は、SMAP元チーフマネジャー・飯島三智だという。

「各メディアで報じられている通り、SMAPに分裂危機が訪れたのは昨年から。特に年末には、飯島氏の退社が決定的となり、ごく一部の関係者はグループの危機について勘付いていました。そしてその後、騒動が公になった1月からは、飯島氏とメリー喜多川副社長、そしてメンバー同士の確執などが報じられるようになりました」(テレビ局関係者)

 しかし、大手メディアの報道内容はほぼ“統一”されていた。ジャニーズサイドから得た情報をスポーツ紙が報道し、テレビではそれをなぞるばかり。それは、飯島氏が中居正広らとジャニーズからの“独立”を画策したものの、木村は1人事務所に留まる“正しい選択をした”といった内容だった。

「この部分は、ジャニーズサイドによってぼやかされていますが、当初は木村も含めた全メンバーが飯島氏とともに独立を計画していたんです。しかし、木村は妻・工藤静香からの説得で気持ちをあらため、独立組と対立するようになった。それがメンバー間に生まれた確執の原因だといいます。しかしジャニーズとしては、これら事情を隠しておきたいらしく、この点を指摘したスポーツ新聞の担当記者は、ジャニーズサイドから叱責を受けたそうです」(同)

 そして、1人ジャニーズを去っていった飯島氏だが、関係者に退職の挨拶をする中で、冒頭の発言が飛び出していたという。

「ある広告関係者が、飯島氏から『もう連絡は取れない』との電話を受けた時の話です。その理由を聞くと、『私は拓哉に裏切られた』と、ハッキリ告げたそう。時を同じくして、彼女から連絡を受けた関係者の中には、やはり『同様の言い分を聞いた』という者が何人もいます」(出版関係者)

 7月には、飯島氏が多数の業界関係者と面談をしていたという報道もある。そこでも飯島氏は、「話している内容は、ほぼジャニーズ事務所、そして木村への愚痴だったそうです」(同)というだけに、飯島氏の心中は今も穏やかではないのだろう。果たしてこれから彼女の“復讐”が始まるのだろうか?

『ありがとう』 どうにか拓哉とだけは仲直りできないですか amazon_associate_logo.jpg
オンナの[裏]掲示板 新着コメント
    関連リンク

    サイゾーウーマンはジャニーズ(嵐、関ジャニ∞、Kis-My-Ft2、Hey! Say! JUMP、SMAP、KAT-TUNなど)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューや人気連載陣によるコラムなども充実!