『各分野の専門家が伝えるー子どもを守るために知っておきたいこと』ブックレビュー

疑似医学やトンデモ教育にだまされないために 大人が知っておくべき情報の取捨選択

kakubunya1_mini.jpg
『各分野の専門家が伝えるー子どもを守るために知っておきたいこと』(メタモル出版)

 「骨盤歪んでるから、整体で直してもらいたい!」「ネットで見たけど、牛乳って体によくないんだって」「生理痛でたくさん薬を飲んだから、デトックスしなきゃ」……女性が集まれば多かれ少なかれ、健康、美容に関して、おしゃべりという名の情報交換がなされるが、その中には“疑似医学”といっていいものも、しれっと紛れ込んでいる。実際は、手で押したぐらいでは骨盤の形は変わらないし、大人も子どももカルシウムが不足しがちな日本人にとって牛乳は良い食品だし、薬は体内にたまらないからこそ、必要に応じて1日に何度も服用する。

 医療に関して、正しい知識を得ることは意外と難しい。気になる症状をネットで検索すれば、まさに玉石混交。誰が書いているかもわからないサイトが山のように引っかかってくる。自分のことならまだしも、幼い子どもの不調、病気について調べたいとなると、親は当然、必死になる。何を信じていいのかわからなくて、右往左往する。

 子どもの心身の健康という目的地に向かって、子育てという大海原を航海するときに、コンパスひとつないのでは、あまりに心もとない。そんな不安だらけの親たちにとって頼れる羅針盤となってくれる書籍、『各分野の専門家が伝えるー子どもを守るために知っておきたいこと』(メタモル出版)が発売された。産婦人科医の宋美玄氏、小児科医の森戸やすみ氏、内科医のNATROM氏などの専門家が、子育て中の親を惑わせるあやふやな、時に悪意すら感じられる情報を、論拠を挙げながら否定し、正しい知識へと導いてくれる。

 医療や食についての知識だけでなく、本書は教育現場に潜む“トンデモ”にも次々と引導を渡していく。「2分の1成人式」「親学」「誕生学」……どれも一見、子どもの正しい成長を促すように見えるため、教師のみならず支持する親も多いが、実際には非常に危険な思想をはらんでいる。それなのに、キラキラとした“善意のようなもの”でコーティングされると、それが見えなくなってしまう。

 専門家の解説による本書は、たとえば理系ジャンルへの苦手意識が強い筆者のような人間にとっては、ときに難解な部分もある。一方で、疑似医学はとっつきやすい。「これさえ食べれば健康になれる」「これをしなければ、子どもに悪いことが起きる」といった単純な図式を提示してみせ、それをできる人の自尊心を高め、できない人から親としての自信を奪う。聞こえのいいほうにばかり流されると、そのしわ寄せは、すべて子どもにいく。

 できるだけわかりやすく、という専門家の努力が詰まった1冊には、同じく、できるだけ理解しようという努力で応えるのが相応だが、乱暴なことをいえば、本書に書いてあることのすべてを把握できなくてもいい。医療、食、教育についての基本的な考え方を身につけ、どこに疑問をもてば疑似医学やトンデモ教育を遠ざけることができるか。本書を通して読むことは、情報の取捨選択をするためのトレーニングとなり得る。

 しかしこの1冊を紹介するとき「親のための」という枕詞から始めるのは、あまりにもったいない。冒頭の“女子トーク”に見られるように、疑似医学は子どもがいるいないにかかわらず、私たちの身近にまで忍び寄ってきている。そうした情報を発信する側に問題があるのは当然だが、いつも買っている雑誌で紹介されていたから、有名人が使っているから、という安直な理由で情報を精査することなく真に受ける側も、いかがなものだろう。ちゃんとリテラシーが備わっていれば、効果がないどころか、時に健康被害につながりかねない情報を鵜呑みにせずに済む。そこにお金を費やすこともなくなる。

 また、自分が親でなくても、間接的に子どもとつながっていない人はいない。家族、親戚、友人、同僚……誰かを挟んだその先に、結構な数の赤ちゃんや子どもがいる。SNSでつながっている中にも、子育て真っ最中の人がいるかもしれない。電車に乗れば、ベビーカーの親子と居合わせる。それを意識せずに、軽い気持ちで「紙オムツやナプキンは有害」「マーガリンはプラスチック」などといった、本書で紹介されているようなトンデモ情報を垂れ流せば、結果的に子育て中の親たちを混乱させることになる。自分の無知がめぐりめぐって見知らぬ子どもの健康を損ねるとは、とても怖いことではないか。そこに悪意がなければいいという話ではない。

 未熟で、ひとりでは生きていけない子どもの健康が守られる社会は、大人の健康が守られる社会でもある。「子育てにもリテラシーを!」と謳う本書は、社会全体の情報リテラシーをベースアップしてくれるに違いない。
(三浦ゆえ)

無駄なお金と時間を使わないためにも

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  3. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  4. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  5. “消えたAKB48”河西智美は今
  6. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  7. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  8. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  9. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  10. “もう終わった”イケメン俳優3人
  11. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  12. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  13. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  14. ママ友に「マジおばさん」って笑われた……
  15. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  16. 他人の記事をパクるのはこんな人
  17. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  18. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  19. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  20. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?

ジャニーズの人気記事

  1. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  2. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  3. マンガ『ヅャニーさん』34回
  4. 森且行、SMAP存続ステッカー貼付の真相
  5. テレ朝&TBSにSMAPファン感激のワケ

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  5. 「捨てられる妻」の典型とは?

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!