【サイジョの本棚・打ち合わせ編】

A.B.C-Z・戸塚祥太の愛読書『人間』読んでみたら、ジャニーズJr.時代の“坊主”姿を思い出したワケ

2022/07/31 11:00
保田夏子

——アイドル好きのブックライター・保田と編集部員・B子が、タレントたちの“愛読書”を片手に、人となりを妄想中!? 「サイジョの本棚」前で、おしゃべりが始まります!

◎ブックライター・保田 アラフォーのライター。「サイジョの本棚」担当で、一度本屋に入ったら数時間は出てこない。海外文学からマンガまで読む雑食派。趣味(アイドルオタク)にも本気。

◎編集部員・B子 猫と暮らすアラサー。芥川賞、直木賞、本屋大賞あたりを一通りチェックしたい、ミーハーな本好き。最近はノンフィクションばかり読んでいる。趣味(ジャニーズオタク)にも本気。

A.B.C-Z・戸塚祥太の愛読書:『人間』

A.B.C-Z・戸塚祥太の愛読書『人間』読んでみたら、ジャニーズJr.時代の坊主姿を思い出したワケの画像1
『人間』(角川文庫/著:又吉直樹)

編集・B子 最近さ、読書好きで知られるA.B.C-Z・戸塚祥太が、ピース・又吉直樹の話ばっかりしてるの。ファンの間では、突然ラジオで関西弁をしゃべりだしたり、髪の毛を伸ばしたりしてるのも、「又吉の影響じゃないか」とささやかれているぐらい。

ライター・保田 言わずもがな、又吉さんはお笑い芸人でありながら、2015年にデビュー作『火花』(文藝春秋)で「第153回芥川龍之介賞」を受賞し、作家としても大活躍の人ね。確かに、戸塚さんのプロフィール写真を見ると、“又吉リスペクト”を感じる(笑)。

編集・B子 今年の春に『人間』(毎日新聞出版)が角川文庫から文庫化された時、公式携帯サイト・Johnny’s webの個人ブログ「guerrilla love」で「祝杯だー!」って大喜びしてた。19年に『人間』の単行本が発売された時点で、あらゆるメディアで「愛読書」として紹介してたから、私も気になって読んでみたよ。

ライター・保田 いろんなテーマが含まれた長編だけど、美術の専門学校に通う主人公・永山が、芸術家を志す同世代の男女と共同生活を営む中で起こった苦いエピソードがメインになる第1章は、戸塚さんに刺さりそう。若いころから芸能という表現の世界で生きていて、うまくいく同世代に嫉妬したり、挫折したり、不用意に自意識を削り合って疲弊したような経験があるんじゃないかと思って。

編集・B子 とっつーはジャニーズJr.時代、突然“坊主”にして、ファンの間で大騒ぎになったことがあるのよ。のちに「Myojo」2013年8月号(集英社)のインタビューで理由を明かしてるけど、稽古中に「俺、いてもいなくても変わんないんじゃないか」「特別、五関(晃一)くんみたいに振り付けができるわけでもない」「俺は、表舞台に立つのは向いてない」と思い、ジャニーズを辞めようと決心して、坊主にしたんだとか。

 結果的に、メンバーのことを考えて踏みとどまったそうだけど、このエピソードと『人間』の永山は重なるかも。

ライター・保田 表現者じゃなくても、「自分は特別な人間であるはずだ」っていう自意識と現実がズレることって、若い頃は特に経験しがちだよね。『人間』は、青春時代の失敗や挫折が色濃い人ほど、序盤からぐっと引き込まれると思う。

す〜ぐ影響受けるとっつーの素直さを讃えたい
サイゾーウーマンのSNS
  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

A.B.C-Z・戸塚祥太の愛読書『人間』読んでみたら、ジャニーズJr.時代の“坊主”姿を思い出したワケのページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! サイジョの本棚のニュースならサイゾーウーマンへ!