[ジャニーズファン・最近のHOT TOPIC]

SMAP、『うたの夏祭り』不出演疑惑で……公式サイトがファンの“暗号コメント祭り”に

14smapcr.jpg
一件ずつみんなにも読んでもらいたい出来栄え

 今夏放送の大型音楽番組への不参加が話題になっているSMAP。中居正広が司会を務める『音楽の日』(7月16日放送、TBS系)をはじめ、『2016 FNSうたの夏まつり~海の日スペシャル~』(18日放送、フジテレビ系)も5人の登場は絶望的な状況となり、多くのファンがショックを受けている。そんな中、『FNSうたの夏まつり』の公式サイトのコメント欄に、SMAPファンが“暗号”を使ってメッセージを投稿しているという。

 同番組は年末恒例の『FNS歌謡祭』の派生番組で、『FNS歌謡祭 うたの夏まつり2011』に続いて12年から『FNSうたの夏まつり』として放送されている。草なぎ剛が11~14年に『FNSうたの夏まつり』で司会を務めていたこともあり、SMAPは同番組でオープニングやエンディングに勢揃いして番組に華を添えてきた。

 昨年の放送では、司会が森高千里とアンジャッシュ・渡部建に交代したが、SMAPは「BANG! BANG! バカンス!」「華麗なる逆襲」を披露。しかし、今年は1月に勃発した解散騒動の影響で出演が不安視されており、実際に放送間近となってもSMAPの出演は未定だ。『音楽の日』は、TBSサイドがファンからの問い合わせに対し、「ジャニーズ事務所からの申し出」により出演がないと回答。『夏まつり』も同様に出演はないとみられている。

 そんな状況にファンはフラストレーションが溜まったのか、同番組公式サイトの「番組へのメッセージ」というページに、“暗号”仕込みで思いを投稿しているようだ。

「“縦読み”や暗号でSMAP関連の単語を紛れ込ませているんです。例えば『感謝して』というタイトルの投稿は、そのままSMAPの曲名で『KANSHAして』が連想できますし、メッセージも文章の先頭をつなげると『スまっプ』になっています。ほかにも1995年のツアータイトル『Summer Minna Atsumare Party』を紛れ込ませたり、1つの投稿で6曲もの曲名を詰め込む猛者も。SMAPを出してくれないことへの当て付けかなのか、それとも出演の願いとしてSMAP絡みのワードを入れ込んでいるのか……。『世界に一つだけの花』の購買運動と一緒で、もはや“何か行動しないと落ち着かない”という状況になっているのでしょう」(同)

 この事態はSMAPファンの間で、「『夏まつり』のメッセージ欄がすごすぎ」「メッセージが暗号まつりになってる」と話題になっており、それを見習って「FNSにメッセージを送ってきた」と報告する人も少なくない。1月で更新がストップしたジャニーズ公式携帯サイト・Johnny’s webの連載「SD 慎語事典」では、香取慎吾が頻繁に縦読みを使っていたため、香取を意識している人もいるようだ。

 一連の騒動でSMAPファンのストレスは限界に達している様子。一刻も早くこうした状況が改善されることを願いたいものだ。

ついにSMAPファンが“乗っ取り”行為に!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  2. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  3. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  4. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  5. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  6. 新春ジャニオタ放談
  7. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  8. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  9. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  10. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  11. ムショ飯はうまいのか?
  12. “もう終わった”イケメン俳優3人
  13. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  14. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  15. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  16. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  17. 違法ギャンブルにハマる危険な芸能人
  18. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  19. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  20. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  5. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー