今年に入ってから何件も……

危険ドラッグ、カーセックス、愛人クラブ登録……NHKアナウンサーが“不祥事連発”の怪

1607nhkana.jpg
NHKアナウンサールーム公式サイトより

 またしてもNHKアナウンサーに、衝撃のスキャンダルが巻き起こった。13日発売の「週刊新潮」(新潮社)によると、現役のNHK女子アナウンサー・Yが、デートクラブを謳う組織に会員登録していたという。公然わいせつ、違法薬物と、今年はNHKアナウンサーの物騒な事件が取り沙汰されているが、今回の報道により、世間にさらなる衝撃が走ることとなった。

 現在25歳で、NHKの契約キャスターというYは、同社勤務を始めてから、日本全国に支社を持つ大手デートクラブに登録。同誌の取材に、Yはすでに退会しているものの、登録したのは自身だと認めている。

「問題になっているデートクラブのサイト上では『愛人募集』『パパ探し』といった言葉が躍り、デートの先に“愛人契約”や“援助交際”があることを匂わせています。男性側の入会金30万円、年会費16万円と高額な費用が設定されており、容姿に優れた女性が、裕福な男性を探す場であることは明らかです」(スポーツ紙記者)

 実際にYは、会員男性と契約には至っていないというが、売春斡旋の組織に関与していた可能性もあるため、同記事がネットで先行配信されると同時に、ネットユーザーの間で物議を醸すこととなった。

 また今年1月には、NHK元アナウンサー・塚本堅一が、医薬品医療機器法違反の疑いで逮捕されるという大事件が発生。塚本は危険ドラッグを所持していただけでなく、自ら製造していたという。

「これに続き、7月には『フライデー』(講談社)誌上で、NHKの地方局勤務のアナウンサー同士が不倫関係を持っていると報じられ、路上の車内でセックスに及ぶシーンまで激写されました。カーセックスは公然わいせつ罪に抵触する可能性があるため、世間では批判が噴出。同時に、両者は即座に番組降板となったようです」(同)

 品行方正のイメージが強いNHKだけに、不祥事が相次ぐ事態に関係者も首を傾げる。

「NHK職員は、給料から福利厚生まで、視聴者の受信料で賄われているという背景があり、仕事面だけでなく私生活にも十分注意を払うようにという教育が施されています。同じテレビ局でも、問題が発生すればキー局以上に批判が集まることを、彼らも十分理解しているはずなのですが……」(テレビ局関係者)

 彼らの度が過ぎる不祥事を、今後他の職員たちは反面教師にしてくれればよいのだが。

NHKアナウンス室、アウトローばっかり

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. アンチ急増中miwaの業界評
  2. 松田龍平妻の不倫相手探しが激化!
  3. 小倉優子の不倫夫、キャバで暴言報道
  4. 幸福の科学“守護霊”の語る言葉
  5. 芸能人衝撃のマタニティフォト集
  6. 実力Jr.仲田拡輝、退所か
  7. 黒木瞳が視聴者をイラつかせる理由
  8. 不幸が続く山口智充の不運
  9. KANA-BOON・飯田が伝える真実
  10. NEWS・小山、交際女性が発覚か
  11. 『奪い愛、冬』視聴率はパッとせず?
  12. 今井翼、中居マネジャーについて言及
  13. 松田龍平、離婚報道で母が異例の対応
  14. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  15. 『べっぴんさん』さくらアンチ増加?
  16. ジャニーズ人気Jr.が3人退所
  17. 山崎賢人最新映画でバブル終了?
  18. ムショの休日で一番の楽しみ
  19. “もう終わった”イケメン俳優3人
  20. ブリトニーの非公認自伝映画が炎上中

ジャニーズの人気記事

  1. 実力Jr.仲田拡輝、退所か
  2. NEWS・小山、交際女性が発覚か
  3. 今井翼、中居マネジャーについて言及
  4. ジャニーズ人気Jr.が3人退所
  5. NEWS・増田、共演女優が“交際匂わせ”疑惑

カルチャーの人気記事

  1. 「いい病院」特集に、主治医との恋バナ!?
  2. 義母の金を搾取しまくり介護は拒否!! 義姉さん、あなた人間の心持ってますかぁー?
  3. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 瓜田が『ハイロー』『おそ松』を斬る

海外ゴシップの人気記事

  1. ブリトニーの非公認自伝映画が炎上中
  2. C・ブラウン、ボクシング対決を放棄
  3. ザ・ウィークエンドの新曲がエグい!
  4. ビヨンセ、夫の浮気の怒りをアルバムにぶつける!
  5. 私たちが知らない『クリミナル・マインド』の7つのこと