サイゾーウーマン勝手に調査団

滝沢乃南以外にも! 関係者が暴露する「カメラマンと肉体関係結んだ」とウワサのタレント

cameracameracamera.jpg
Photo by Matthias Ripp from Flickr

 グラビアアイドル・滝沢乃南の引退発表が波紋を呼んでいる。滝沢が昨年12月に発売したDVD『ありがとね』のワンシーンに「全裸の男性が写り込んでいた」騒動について、その人物は自らの夫であると釈明し、責任を取るため引退すると発表したのだ。まさに前代未聞のトラブルだが、撮影現場ではこうした、カメラマンと被写体の“行きすぎた男女関係”が発生するケースはままあるのだという。

 滝沢の一件に関しては、その後、夫である映像ディレクター・上村知之氏が8日発売の「フライデー」(講談社)に登場。滝沢との結婚を認め、「完全にプライベートの感覚になってしまった」と釈明を行った。


「有名な例では、2014年にカメラマンの桑島智輝氏と結婚した、安達祐実のケースが挙げられます。当初、一部女性誌で撮影中に両者は交際に発展したと報じられたものの、当人たちは交際を完全否定。しかし、その後結婚したことから、なし崩し的に関係を認めることとなりました」(スポーツ紙記者)

 しかし、安達のようにゴールインに至るケースは珍しく、ほとんどの場合は、ごく親しい関係者の間だけでウワサが広まり、その関係は“なかったこと”にされてしまうという。

「タレント、スタッフ側とも衝撃が走ったのは、女優・Fがフォトブックの制作時に、カメラマンと関係を持ってしまった一件です。同書はFのベストセラーの最新作で、大々的に宣伝もされていましたが、ホテルの一室でカメラマンと1対1での撮影が増えるなど、関係者の間で、2人の仲を怪しむ声が聞かれるように。その後、Fは結婚したのですが、当時スタッフはこの関係が世間に知られることになり、騒ぎになるのではと、気が気ではなかったとか」(芸能プロ関係者)

 さらに有名アイドルグループ所属していたSに関しても、こんな不穏なウワサが流れていたという。

「当時Sは、漫画雑誌のグラビアによく登場しており、担当カメラマンとは気心の知れた関係になってしました。ところが、海外で撮影が入った時に、関係者の間で『2人はデキている』というウワサがささやかれるように。ボツ写真の中には、Sが全裸になっているものや、首筋にキスマークがついているものなど、とんでもないものが含まれていたそうです」(出版関係者)

 滝沢のように、公になることはごく珍しい。ファンの知らないところで、カメラマンと親密関係になってしまう女性タレントは少なくないのかもしれない。

やっぱり撮られてると、変なトビラが開いちゃうの?

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  2. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  3. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  4. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  5. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  6. 新春ジャニオタ放談
  7. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  8. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  9. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  10. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  11. ムショ飯はうまいのか?
  12. “もう終わった”イケメン俳優3人
  13. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  14. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  15. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  16. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  17. 違法ギャンブルにハマる危険な芸能人
  18. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  19. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  20. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  5. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー