GID全国交流会レポート

「異性の服装と振る舞いを何十年も続けなければいけない違和感」性同一性障害の当事者が語る本音

「異性の服装と振る舞いを何十年も続けなければいけない違和感」性同一性障害の当事者が語る本音

 生まれたときの体の性と心の性が一致しない「性同一性障害」。全国に約4万6,000人いるとされているが、性的マイノリティに位置づけられている当事者たちは、性別に対する違和感だけではなくカミングアウトの不安など、さまざまな苦悩を抱えている。実際のところ、それぞれのライフステージにおいてどのような壁を感じ、葛藤してきたのだろう。  そこで、今年のGID学会(Gender Identity Disorder=性同一性障害の略)の研究大会にあわせて、NPO法人性同一性障害支援機構が開催した「GID全国交流会」に参加。当日、筆者の取材に応じてくれた当事者たちの本音の一部を紹介したい。 ...



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

「異性の服装と振る舞いを何十年も続けなければいけない違和感」性同一性障害の当事者が語る本音のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! LGBTセクシュアル・マイノリティ性同一性障害のニュースならサイゾーウーマンへ!