しいちゃんの芸能解説講座【裏】

母危篤に“自撮り”の橋本志穂、家族の戸籍から「籍を抜く」中森明菜、芸能人と家族の事情

hashimotoshiho.jpg
橋本志穂公式ブログより

編集S あーあ、ゴールデンウィークも終わっちゃったあ。別に何か楽しいことがあったわけじゃないけどさ。

しいちゃん 5月8日は母の日だったね。ということで、芸能人の家族を。まず、5月2日、森泉は元ファッションモデルでイタリア人の母・パメラさんと、妹の星と3人一緒にドレス姿で撮った華麗な写真を掲載。コメントに「for VOGVE JAPAN July issue」とあるので、「VOGUE」(コンデナスト・ジャパン)7月号の撮影らしい。9日には、水原希子がInstagramに「Happy Mother’s Day」というコメントとともに、母親の若い頃らしき写真を掲載。「美しい」と称賛されているよ。

編集S あーハイハイ、母への感謝はご自宅で伝えてくださいな。今日も日本は平和だなー。

しいちゃん 平和じゃないのが、たけし軍団のガダルカナル・タカの妻・橋本志穂。ブログが炎上中よ。というのも、橋本は、4月28日のブログで、腎盂炎の緊急手術を受けた母親が医師から「今夜が山」と言われたそうで、急遽向かった博多の病院での自撮りや「暑い、寒い、痛い、辛い」とうめく母の手をさする自分の姿などの写真を何枚もアップ。これを見た読者から「母が危篤状態にもかかわらず、こんな写真を撮れる余裕があるなんてさすが芸能人は違いますね」と皮肉のコメントがあったそうで、5月7日に「母は死にました」と報告し、「アメブロには人の親が死んでもこんな意地悪なことを言う人がいてまたアメブロ嫌いになりました」「私は芸能人だから撮影しているのではない。テメーに見せるためじゃねーんだよ! 来れない家族に報告するためや、生き別れになって連絡の取れないきょうだい、父の教え子たちにも手っ取り早く、お見舞いに来てあげてね!と伝えるためなんだよ!」と反論。

編集S 自撮りのポーズが、胸に手を当てるキリスト系だから叩かれたのかしら?(適当)

しいちゃん は? キリストラブの人に? 意味わからない。当の橋本は怒りが収まらないのか、8日のブログでも、「また、さらに心ないコメントで土足で入ってくる人います。びっくりしたことに、私たちがブログで稼いでいて、母の死を利用してお金を得ていると思っている人がいますがー。『え?芸能人ブログって、お金が出るの?』と逆にビックリ‼ 一円だってもらったことない」と綴っている。ちなみに、4月28日の公式Facebookには、亡くなった母親に寄り添う写真などをアップしている。ネットユーザーからは「親の死に目に無意味な自撮り…」「理解できない」「人が苦しんでいる姿を写真に撮るのは普通の神経ならできない」「遺体と寄り添いながらこの顔イマイチだわ、とか言いながらパシャパシャ撮り直してるかと思うと怖い」と呆れる声多数。

編集S 話は飛ぶけど、「テメーに見せるためじゃねーんだよ」ってところに、ガダルカナル・タカの妻というすごみが伝わってきていいね!

しいちゃん 遠野なぎこは、8日の母の日に公式ブログで「“実の母”として、“実の娘”として今後彼女と向き合う気持ちはさらさらない。恨みや憎しみなどは無いのよ。今となっては本当に心の何処にも見当たらないの。ただそんな事よりも…会ってしまえば自分がどうなってしまうのか、又精神の病が再発するのではないかと心底恐ろしく思うから。だからやはり再会は現実的ではない」「一切の再会を望みませんが…彼女に深く関わった“一人の人間”としてこの言葉を。『どうかお体を大切に…秋美』」と語ってる。遠野は、2013年に『一度も愛してくれなかった母へ、一度も愛せなかった男たちへ』(ブックマン社)というエッセイを出版し、幼少期の虐待や育児放棄などについて告白。14年3月19日の公式ブログでも「私自身はもう何年も前から母とは絶縁状態にあります。一切連絡も取り合っていませんし、連絡先も今は知りません」と書いていた。

明菜の重量感あるエピは平成世代には生み出せないわ!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク