その他
【ジャニーズ研究会レポート】

Hey!Say!JUMP伊野尾慧、「STORY」でのセクシー写真に「親がなんて言うかなぁ」と心配

 Hey!Say!JUMP伊野尾慧が、『めざましテレビ』(フジテレビ系)の木曜パーソナリティーと、『メレンゲの気持ち』(日本テレビ系)のレギュラーMCになって早1カ月。それぞれの番組での立ち位置がだんだんと定着し、番組内で家族の話題をすることが増えている。

 4月2日放送の『メレンゲの気持ち』では、共演者の久本雅美から「彼女できたらどうする?」と尋ねられると、「親に紹介します」と即答しており、親思いな一面が感じられる一方で、マザコンの匂いを感じないわけでもない。

 伊野尾は雑誌「STORY」2016年6月号(光文社)の「超絶男子図鑑」コーナーに登場し、白シャツを着て胸元を開けたセクシーな姿を披露していたが、その際も親の目を気にしていた。本誌の撮影時に白シャツのボタンを全部しめて登場したところ、スタッフより「(ボタンを)4つ外していただけますか」とリクエストがあり、伊野尾は「親がなんて言うかなぁ」と心配顔になったそう。

 以前、「QLAP!」16年5月号(音楽と人)に登場した際は、「伊野尾一家は女系で、オレが子孫を残さないと滅びるから(笑)」と答えていた伊野尾。おそらく伊野尾は、大事に育てられてきたのだろう。また、同誌では「昔から、僕の出演番組はお父さんが録画して見てくれているんだけど、今年のお正月に家でご飯を食べている時に、『嵐にしやがれ』のかまくら作りを家族みんなで見たんだよね。小さいころは自分が出てる番組を家族と一緒に見るのがすごく恥ずかしかったけど、普通に一緒に見られるようになって、僕も大人になったな~と(笑)」との家族エピソードを披露している。温かな家庭に恵まれているのは、ファンとしても喜ぶべきところではあるだろう。

 さらに同誌では、レギュラー番組が決まったことについて「家族はすごい喜んでくれています」とコメントしている。現在放送中のレギュラー番組も、きっと伊野尾は家族で鑑賞するのだろう。想像するだけでも微笑ましいが、そうなるとあまり攻めた企画には挑戦できないのではないかとの心配もある。ファンとしては、親には見せられない“男の顔”を見せてほしいものだが……。

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  4. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  5. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  6. “消えたAKB48”河西智美は今
  7. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  8. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  9. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  10. “もう終わった”イケメン俳優3人
  11. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  12. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  13. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  14. ママ友に「マジおばさん」って笑われた……
  15. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  16. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  17. 他人の記事をパクるのはこんな人
  18. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  19. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  20. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?

ジャニーズの人気記事

  1. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  2. マンガ『ヅャニーさん』34回
  3. 森且行、SMAP存続ステッカー貼付の真相
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 新春ジャニオタ放談

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  5. 「捨てられる妻」の典型とは?

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!