芸能ニュース、ジャニーズ、嵐の最新情報やタブーを配信するサイゾーウーマン

1604_lovesong1_01.jpg
『ラヴソング』(フジテレビ系)公式サイトより


 第2話にして1ケタとなる9.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を記録した、福山雅治主演の月9ドラマ『ラヴソング』(フジテレビ系)。福山は『めちゃ×2イケてるッ!』などのバラエティ番組にも出演し、必死の番宣を行ったが、各番組にも“福山効果”の視聴率アップはかなわなかったようだ。

 一連の番宣では、情報番組をはじめとして、バラエティ番組にも出演。特に16日放送の『めちゃ×2イケてるッ!ましゃ旬クン鬼ちゃんもきっと笑ってしまう 20周年感謝スペシャル』には、福山だけでなく、ヒロイン役の藤原さくら、菅田将暉も登場し、福山はナインティナイン・岡村隆史との知られざるプライベート交流を明かしていた。

「ところが、近年絶不調の『めちゃイケ』だけに、SP放送といっても平均視聴率は午後6時台で6.7%、福山が登場した午後7時台でも7.8%と不振に終わりました。福山は、かつて岡村と同じマンションに住んでおり、駐車場で偶然鉢合わせして交流を持つようになったこと、また岡村の部屋に空き巣が入ったのをきっかけに即引っ越ししたことなど、知られざるエピソードを披露しましたが、『めちゃイケ』の視聴率アップにはつながりませんでした。7%台というのは、『めちゃイケ』SPでも低い方ですし、もはや福山は疫病神ですよ」(芸能ライター)

 ほかにも、4日から8日まで出演した『めざましテレビ』は、7日こそ9.5%と高水準だったものの、それ以外の日は8%台と通常の視聴率と変わらず。また4日放送の『がんばった大賞』は、過去に類を見ない6.4%という低視聴率で、裏番組のテレビ東京『仰天パニックシアター』の7.7%にさえ惨敗という結果に終わった。

「福山は、10日放送の『絶対!見たくな~るTV』『魁!ミュージック』にも出演しましたが、視聴率はそれぞれ2.2%、1.6%。深夜帯だったため、この数字は仕方ありませんが、9日のお昼放送の『ドラマツアーズ』は3.7%で、その直後の『ガリレオ』再放送は5.0%以下とパッとせず。唯一、11日放送の『痛快TVスカッとジャパン2時間SP』は12.2%でしたが、もともと視聴率が高い番組なだけで、福山効果とは言いづらい。しかも、本丸の『ラヴソング』初回視聴率10.6%より数字がいいという、なんとも皮肉な結果となりました」(同)

 もともとバラエティや情報番組に登場する機会が少ない福山。フジとしては、番宣出演した番組とドラマ双方の視聴率アップをもくろんでいたのだろうが、ふたを開けてみると散々な結果に終わってしまったようだ。

オンナの[裏]掲示板 新着コメント
    関連リンク

    サイゾーウーマンはジャニーズ(嵐、関ジャニ∞、Kis-My-Ft2、Hey! Say! JUMP、SMAP、KAT-TUNなど)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューや人気連載陣によるコラムなども充実!