『ごめんね青春!』より低水準!

『ゆとりですがなにか』日曜ドラマの“初回最低”更新! 戦犯はクドカンか岡田将生か?

2016yutoridesu.jpg
『ゆとりですがなにか』(日本テレビ系)公式サイトより

 宮藤官九郎脚本、岡田将生主演の連続ドラマ『ゆとりですがなにか』(日本テレビ系)第1話が17日に放送され、初回視聴率9.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を記録したことがわかった。クドカン初の社会派作品に注目が集まっていたが、さまざまな“ワースト記録”を更新してしまい、今後の推移にも暗雲が立ち込めているという。

 同作はゆとり世代の若者を演じる岡田、松坂桃李、柳楽優弥の3人組に加えて、安藤サクラやAKB48・島崎遥香の出演も話題に。放送前から各出演者の番宣出演も多かったが、肝心の視聴率は2ケタ割れ。昨年4月の放送枠開設以来、最低の初回視聴率となってしまった。

「さらにクドカン脚本のキー局GP帯連ドラでも、初回視聴率が10%を割ったのは初の事態です。前作となる錦戸亮主演『ごめんね青春!』(TBS系)も一時5%台まで数字が落ち込み、“大爆死”と騒がれましたが、それでも初回は10.1%。今回はそれを下回る水準でのスタートとなりました」(芸能ライター)

 また、「初回こそ話題性などもあって好スタートを切るものの、途中から失速してくるのは連ドラではよくあるパターン。『ゆとりですが』は初回からコケていますが、ここから失速すれば目も当てられないこととなりそうです」(同)というだけに、翌週以降の視聴率も不安視されているのだという。

 一方で主演・岡田についても、近年では「数字を持っていない」と度々報じられていることから、低空飛行の“戦犯”と見る向きも強い。昨年公開の主演映画『ストレイヤーズ・クロニクル』では、公開初週の週末興行成績が6,451万円と、その大爆死ぶりが話題となっていた。

「映画やドラマで露出の多い岡田ですが、もともとの売り出しが脇役中心のため、数字を求められるポジションである主演では結果を出せずにいます。キー局主演ドラマでは、藤原竜也とW主演した14年『ST 赤と白の捜査ファイル』(日本テレビ系)が代表作ですが、映画化もされた割に中盤以降は1ケタを連発と、こちらもコケてしまいました」(芸能プロ関係者)

 初回では岡田と松坂のシーンが大部分を占めており、今後柳楽の活躍も期待されている同ドラマだが、果たして「右肩下がり」の定説を覆すことができるのだろうか?

岡田は「桃と不倫疑惑があった人」以上でも以下でもない

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク