『ごめんね青春!』より低水準!

『ゆとりですがなにか』日曜ドラマの“初回最低”更新! 戦犯はクドカンか岡田将生か?

2016yutoridesu.jpg
『ゆとりですがなにか』(日本テレビ系)公式サイトより

 宮藤官九郎脚本、岡田将生主演の連続ドラマ『ゆとりですがなにか』(日本テレビ系)第1話が17日に放送され、初回視聴率9.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を記録したことがわかった。クドカン初の社会派作品に注目が集まっていたが、さまざまな“ワースト記録”を更新してしまい、今後の推移にも暗雲が立ち込めているという。

 同作はゆとり世代の若者を演じる岡田、松坂桃李、柳楽優弥の3人組に加えて、安藤サクラやAKB48・島崎遥香の出演も話題に。放送前から各出演者の番宣出演も多かったが、肝心の視聴率は2ケタ割れ。昨年4月の放送枠開設以来、最低の初回視聴率となってしまった。

「さらにクドカン脚本のキー局GP帯連ドラでも、初回視聴率が10%を割ったのは初の事態です。前作となる錦戸亮主演『ごめんね青春!』(TBS系)も一時5%台まで数字が落ち込み、“大爆死”と騒がれましたが、それでも初回は10.1%。今回はそれを下回る水準でのスタートとなりました」(芸能ライター)

 また、「初回こそ話題性などもあって好スタートを切るものの、途中から失速してくるのは連ドラではよくあるパターン。『ゆとりですが』は初回からコケていますが、ここから失速すれば目も当てられないこととなりそうです」(同)というだけに、翌週以降の視聴率も不安視されているのだという。

 一方で主演・岡田についても、近年では「数字を持っていない」と度々報じられていることから、低空飛行の“戦犯”と見る向きも強い。昨年公開の主演映画『ストレイヤーズ・クロニクル』では、公開初週の週末興行成績が6,451万円と、その大爆死ぶりが話題となっていた。

「映画やドラマで露出の多い岡田ですが、もともとの売り出しが脇役中心のため、数字を求められるポジションである主演では結果を出せずにいます。キー局主演ドラマでは、藤原竜也とW主演した14年『ST 赤と白の捜査ファイル』(日本テレビ系)が代表作ですが、映画化もされた割に中盤以降は1ケタを連発と、こちらもコケてしまいました」(芸能プロ関係者)

 初回では岡田と松坂のシーンが大部分を占めており、今後柳楽の活躍も期待されている同ドラマだが、果たして「右肩下がり」の定説を覆すことができるのだろうか?

岡田は「桃と不倫疑惑があった人」以上でも以下でもない

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  4. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  5. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  6. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  7. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  8. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  9. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  10. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  11. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  12. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  13. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  14. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  15. “もう終わった”イケメン俳優3人
  16. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  17. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  18. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  19. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  20. 20~30代女性「あこがれていた歌姫」

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  5. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  3. クリス・ブラウンが世紀のボクシング対決
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー