【うわさの会見場から】

マツコ・デラックス、「だからフジはダメ」とディレクター一喝!! 会見場が緊迫したワケ

2015matsukodx.jpg
マツコはオネエ文化人枠というより毒蝮三太夫枠

 マツコ・デラックスが12日、トヨタ自動車の新型「パッソ」新CM発表会に出席した。すっかり芸能界のご意見番となったマツコの会見は、毎回「大物芸能人の結婚・離婚会見や事件モノ以外では、近年珍しいほど芸能リポーター軍団が集結する」(スポーツ紙記者)そうで、この日の囲み会見も大いに盛り上がっていたという。

「マツコはベテランの女性リポーター陣のことを親しみ込めて“ババアたち”と呼び、積極的にコミュニケーションを取りにいきます。囲み会見でも、カメラマンの準備ができる前からスタンバイし、『ババアたちが来てくれないと盛り上がらないんだから、アンタたち、私の会見にはこれからも絶対に来なさい!』と話しかけるなどしていました」(芸能ライター)

 Hey!Say!JUMP・中島裕翔と吉田羊の20歳差愛、岡本夏生の失踪騒動、矢口真里出演の日清のCM打ち切り騒動など、旬の話題に次々そつのないコメントをし、“ババアたち”いじりも欠かさないマツコの話術に、リポーター陣はすっかり虜になっていたという。そんな和やかな雰囲気が一瞬だけ変化したのは、ある男性ディレクターの質問がきっかけだった。

「ベテランリポーター陣とマツコで盛り上がるなか、果敢に割り込んで質問した“猛者”がいたのです。そのディレクターの質問は『矢口真里さんの(本格的な)復帰はいつ頃になると思うか』という至って普通の内容だったのですが、マツコは『空気読まないでよく入ってこれたな! どこのディレクターだ!』と一吠え。それがフジテレビだとわかると、『ほら! だからフジはダメなんだよ!』と一喝していました」(同)

 実はこの前日、福山雅治主演の月9ドラマ『ラヴソング』(フジテレビ系)の初回視聴率が10.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を記録しており、マツコ出演の『月曜から夜ふかし2時間スペシャル』(日本テレビ)の15.3%に惨敗。会見は視聴率が発表されてすぐ後のタイミングだった。

「マツコはただ単に、昨今のフジの全般的な低迷をネタにしただけかもしれませんが……。タイミングがタイミングだけに、フジにとっては大変屈辱的な言葉だったかもしれません。大丈夫かとドキドキしたマスコミ陣も多かったと思いますよ」(同)

 これがきっかけで、フジとマツコの間に溝ができてしまわないように祈りたい。

フジは自虐ごっこがどへたくそ

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 三浦春馬、写真流出の裏である豪語
  2. 菊地亜美の会見がド修羅場に
  3. 野村周平のアンチが急増しているワケ
  4. 結婚ハイで好感度大暴落のタレント
  5. 突然の「亀と山P」結成の舞台裏
  6. 『スター名鑑』スピード打ち切り舞台裏
  7. 『めちゃイケ』ジャニーズにモザイクの怪
  8. 「タウリン配合」はまったく意味ナシ!
  9. 芦田愛菜が合格した名門私立は?
  10. ザ・ウィークエンドの新曲がエグい!
  11. 『嘘の戦争』制作発表が修羅場に
  12. 栄養ドリンクで疲労は一切とれない
  13. 『まいジャニ』で盛大にドヤる永瀬廉
  14. 三代目JSB・山下の恋人にファン大混乱
  15. “もう終わった”イケメン俳優3人
  16. 今月号もひどい「CLASSY.」の恋愛企画
  17. 城島の「柿」ダジャレに苦笑、国分の自虐にツッコミ! 『鉄腕!DASH!!』の山口達也は大変だ
  18. ジャニーズ生写真売り上げ【1月】
  19. 田口淳之介、異例メジャーデビューの裏
  20. ベン・アフレック夫妻、やっぱり離婚へ

ジャニーズの人気記事

  1. 突然の「亀と山P」結成の舞台裏
  2. 『嘘の戦争』制作発表が修羅場に
  3. 『まいジャニ』で盛大にドヤる永瀬廉
  4. ジャニーズ生写真売り上げ【1月】
  5. 田口淳之介、異例メジャーデビューの裏

カルチャーの人気記事

  1. 今月号もひどい「CLASSY.」の恋愛企画
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. あの子に赤ちゃんを殺される! ボールをぶつけ、階段から突き落とす5歳女児に恐怖
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 植本一子「理想の家族像」から解き放たれて

海外ゴシップの人気記事

  1. ザ・ウィークエンドの新曲がエグい!
  2. ベン・アフレック夫妻、やっぱり離婚へ
  3. 「ラーメン大好き」キアヌ・リーブス、日本でお気に入りの店が判明! ファンに神対応も
  4. 50セントが半年で25億円の債権を返済できたワケ
  5. ビヨンセ、夫の浮気の怒りをアルバムにぶつける!