【うわさの会見場から】

マツコ・デラックス、「だからフジはダメ」とディレクター一喝!! 会見場が緊迫したワケ

2015matsukodx.jpg
マツコはオネエ文化人枠というより毒蝮三太夫枠

 マツコ・デラックスが12日、トヨタ自動車の新型「パッソ」新CM発表会に出席した。すっかり芸能界のご意見番となったマツコの会見は、毎回「大物芸能人の結婚・離婚会見や事件モノ以外では、近年珍しいほど芸能リポーター軍団が集結する」(スポーツ紙記者)そうで、この日の囲み会見も大いに盛り上がっていたという。

「マツコはベテランの女性リポーター陣のことを親しみ込めて“ババアたち”と呼び、積極的にコミュニケーションを取りにいきます。囲み会見でも、カメラマンの準備ができる前からスタンバイし、『ババアたちが来てくれないと盛り上がらないんだから、アンタたち、私の会見にはこれからも絶対に来なさい!』と話しかけるなどしていました」(芸能ライター)

 Hey!Say!JUMP・中島裕翔と吉田羊の20歳差愛、岡本夏生の失踪騒動、矢口真里出演の日清のCM打ち切り騒動など、旬の話題に次々そつのないコメントをし、“ババアたち”いじりも欠かさないマツコの話術に、リポーター陣はすっかり虜になっていたという。そんな和やかな雰囲気が一瞬だけ変化したのは、ある男性ディレクターの質問がきっかけだった。

「ベテランリポーター陣とマツコで盛り上がるなか、果敢に割り込んで質問した“猛者”がいたのです。そのディレクターの質問は『矢口真里さんの(本格的な)復帰はいつ頃になると思うか』という至って普通の内容だったのですが、マツコは『空気読まないでよく入ってこれたな! どこのディレクターだ!』と一吠え。それがフジテレビだとわかると、『ほら! だからフジはダメなんだよ!』と一喝していました」(同)

 実はこの前日、福山雅治主演の月9ドラマ『ラヴソング』(フジテレビ系)の初回視聴率が10.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を記録しており、マツコ出演の『月曜から夜ふかし2時間スペシャル』(日本テレビ)の15.3%に惨敗。会見は視聴率が発表されてすぐ後のタイミングだった。

「マツコはただ単に、昨今のフジの全般的な低迷をネタにしただけかもしれませんが……。タイミングがタイミングだけに、フジにとっては大変屈辱的な言葉だったかもしれません。大丈夫かとドキドキしたマスコミ陣も多かったと思いますよ」(同)

 これがきっかけで、フジとマツコの間に溝ができてしまわないように祈りたい。

フジは自虐ごっこがどへたくそ

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  2. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  3. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  4. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  5. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  6. 新春ジャニオタ放談
  7. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  8. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  9. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  10. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  11. ムショ飯はうまいのか?
  12. “もう終わった”イケメン俳優3人
  13. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  14. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  15. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  16. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  17. 違法ギャンブルにハマる危険な芸能人
  18. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  19. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  20. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  5. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー