トンデモ情報舞い込む!

SMエンタが水面下で交渉中!? 元EXO・クリス、「復帰の可能性」と中国メディアが報道

kris-garaxy.jpg
今回、韓国で目撃されたクリス。15年、『少林サッカー』で有名な周星馳(チャウ・シンチー)監督の映画に立て続けに出演した。また、アディダスの広告モデルに選ばれるなど、その人気はEXO時代より高い(出典:百度百科)

 アジアを中心に人気を博している韓国発の男性アイドルグループ「EXO」だが、中国人メンバー3人が脱退宣言し、所属事務所であるSMエンターテインメントを相手に契約解除を求める訴訟を起こしている。

 そんな中、ファンにとって気になるニュースが飛び込んできた。「中国青年網」(3月26日付)は、EXOの元中国人メンバー・クリスが復帰する可能性があると報じたのだ。現在、SMエンタと係争中のルハン、クリス、タオの3人は中国国内を中心にソロ活動をスタートさせており、すでに多くのファンがいる。EXOへの復帰は今後ないものと思われていたが、同記事によると3月17日、韓国・仁川空港でクリスの姿が目撃され、SMエンタ側となんらかの交渉があったのではないかと報じているのだ。

 関係者の話によると、クリスはSMエンタ側に所属契約の内容について前向きな提案をしたとみられている。電撃復帰となれば、クリスファンにとっても、EXOファンにとっても、歓迎すべきニュースだろう。今回の報道に対して、中国版Twitter「微博」には「今度こそ、現実になってほしい!」「やっぱりEXOは12人じゃないと。この3人がいないと、EXOとは呼べない」などなど、おおむね好意的なコメントが多く寄せられている。

 中華圏の芸能事情に詳しい香港の新聞記者は、今回の報道を次のように見ている。

tao-tao.jpg
中国ですでに個人事務所を設立しているタオ。推理作家の島田荘司氏の小説『夏、19歳の肖』の中国での映画化で主人公を務めることが発表された(出典:百度百科

「実はSMエンタ側は、表向きは係争中にもかかわらず、水面下で3人のメンバーと接触しており、復帰を画策しています。SMエンタの韓国HPにはEXOのメンバーのプロフィールが掲載されているのですが、2015年は係争中の中国人メンバーを除く9人のみの写真しか掲載されていませんでした。ところが16年2月になって、削除された3人のプロフィールが突然、復活しており、現在は12人全員のプロフィールが掲載されています。現在、韓流グループにとって中国人メンバーは、巨大市場を取り込むきっかけをもたらす、欠かせない存在。復帰に向け、今後も水面下でさまざまな交渉が行われるのでしょう」

 クリスは最近、パリコレでモデルを務めたりハリウッドデビューを果たすなど、脱退した3人はすでに中国国内外でソロとしてのキャリアを着実に積んでいる。アイドルにとどまらず、俳優としての道をすでに歩み出している彼らがEXOに復帰するのか、ファンにとっては3人の動向に今後も目が離せない。
(広瀬賢)

「中国メディアが報じた」に漂う出落ち感……

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  3. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  4. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  5. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  6. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  7. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  8. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  9. ムショ飯はうまいのか?
  10. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  11. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  12. “もう終わった”イケメン俳優3人
  13. 新春ジャニオタ放談
  14. 違法ギャンブルにハマる危険な芸能人
  15. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  16. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  17. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  18. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  19. 若い男を恋愛対象にするのをやめたい
  20. 薬丸裕英から家族すらも去った?

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー