参加者100人が区役所ホールに集合

地方はセクシュアル・マイノリティへの偏見が強い 名古屋のLGBT成人式に苦情電話も

lgbtnagoya1_mini.jpg
LGBT成人式@名古屋の実行委員とゲスト

 レズビアンやゲイなどセクシュアル・マイノリティ(LGBT)がありのままの姿で成人の節目を迎えようという「LGBT成人式」が3月19日、愛知県名古屋市の中区役所ホールで開催された。このLGBT成人式は当事者の実行委員によって運営されており、2011年に初開催された東京のほか、大阪や札幌、盛岡、静岡など、今年度は過去最多の11カ所で行われている。

■就職活動中、カミングアウトせざるを得ないと感じた

 名古屋の実行委員によると、この日の参加者は100人。入場無料で、セクシュアリティや年齢を問わず参加できることから、中には親と一緒に参加した小学生もいたという。

 式では、来賓の挨拶、参加者の演説やパフォーマンス、東ちづる、乙武洋匡、IVANといった著名人からのメッセージ映像の上映と、ゲストによるトークショーが行われた。

 トークショーのテーマは「LGBTと就職」で、地元のケーブルテレビでキャスターとして働く高倉唯さん、NPO法人「PROUD LIFE」代表理事の安間優希さん、タレントの一ノ瀬文香さんが、就職や職場でのカミングアウトなどについて、それぞれの経験を語った。

 マスコミを希望していたレズビアンの高倉さんは、就職活動中、面接官に志望理由を話すとき、カミングアウトせざるを得ないと感じたという。

lgbtnagoya3_mini.jpg
高倉唯さん

「マスコミはいろんなことに目を向けて取り上げないといけないから、『LGBT(の問題)をやりたいのならNPOに就職したほうがいいんじゃないか』と言われました。そこでLGBTだけでなく、いろいろな社会的マイノリティに目を向けないといけないと気づいたんです。就活しながら成長していきました」(高倉さん)

 現在は女性として生活している安間さんは、就職した時は男性だった。当時はまだ性同一性障害特例法もない時代だったが、性別への違和感が強くなり、自分の希望する性で生きていきたいという気持ちが募って、途中から女性として仕事をするようになった。

lgbtnagoya4_mini.jpg
安間優希さん

「(自分の性別について話すことは)恥ずかしいことだと思っていました。市役所で市会議員の秘書のような堅い仕事をしていたのですが、いろいろせめぎ合いがあるところで、敵の弱みを握ってやろうという人がいる中、『あそこの奴はオカマだ』ということになったら、格好の餌食だから絶対言えないと思っていました」(安間さん)

 徐々に性同一性障害を人権の問題として捉えるようになるとともに、男性の身体への違和感が強くなり、公表しないといけないと思うようになったという。

「カミングアウトは37~38歳の時。上司の議員に話をしました。いろいろな反応がありましたが、『仕事は今まで通りやってくれればいい』という人が多かったです」(安間さん)

 一ノ瀬さんが世間にレズビアンであることを公表したのは09年。

lgbtnagoya2_mini.jpg
一ノ瀬文香さん

「当時は、ほかにレズビアンで芸能活動している人がいなかったので、マイナスだとは思っていました。でも、いずれ(状況は)良くなると信じていたんです。(LGBTをテーマにした)漫画の原作や映像の企画書を自分で出して、セルフプロデュースしていました。そういう仕事をした経緯があって、自信がついたことで今があるんです」(一ノ瀬さん)

■地方は偏見や差別が強い傾向

 高倉さんと安間さんは、セクシュアル・マイノリティであることを公表して名古屋で活動しているが、カミングアウトをすることで人間関係が円滑になったり、信頼関係が生まれたりすると感じている。

 一方で、名古屋という土地柄、職場で公表できないとか、なかなか自分をさらけ出せないという人も少なくないようだ。関係者は、「名古屋は東京と比べて、LGBTへの偏見や差別が強い傾向がある」と語る。実際、今回の成人式についての記事が新聞に掲載されると、「病気が蔓延するからやめろ」という苦情電話があったという。

 2月には、埼玉のLGBT成人式の主催団体が、埼玉県と県教育委員会、県議会にイベントの後援を申請し、却下されるという一件もあった。

 昨年から自治体での同性パートナーシップ制度への取り組みが拡大しつつあり、セクシュアル・マイノリティについてメディアで取り上げられる機会も増えたが、地方の隅々へ理解が浸透するまでにはまだ時間がかかりそうだ。

東京と地方の温度差が激しい

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  4. マツコとSMAP間に不穏な空気?
  5. 『カウコン』意外な舞台裏
  6. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  7. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  8. 芦田愛菜、テレ東深夜転落
  9. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  10. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  11. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  12. キャラ変え好調の乙武洋匡
  13. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  14. “もう終わった”イケメン俳優3人
  15. 20~30代女性「あこがれていた歌姫」
  16. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  17. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  18. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  19. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  20. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 『カウコン』意外な舞台裏
  3. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  4. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  5. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  5. 東村『ヒモザイル』炎上3つの理由

海外ゴシップの人気記事

  1. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. クリス・ブラウンが世紀のボクシング対決
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー