オタの方々、スルー耐性なさすぎ

「EXOがBIGBANGに負けた原因は……」中国人作家のコラムが波紋、コメント欄も炎上

bigbang16.jpg
韓国は音楽賞がいっぱいありすぎてなにがなんだか……

 中国における韓国アイドルの人気は、中国版Twitter「微博」を見るとよくわかる。中でもBIGBANGの公式アカウントは550万人以上が、EXOは125万人以上の中国人ファンがフォローしている人気ぶりだ。

 そんな中、中国の人気若手作家がwebサイト「捜狐網」(2月26日付)に掲載した、韓国アイドルに関する論評が炎上している。同24日、韓国のポップカルチャーサイト「Soompi」はBIGBANGを2015年最優秀歌手賞、および男性グループ賞に選出。一部で本命といわれていたライバルEXOは、惜しくもこの争いに敗北した。多くの中国EXOファンが残念がる中、作家の勿念寒氏は「EXOに在籍していた中国人メンバーが相次いで脱退したことが敗北の要因」と論評したのだ。

 勿氏によると、BIGBANGはEXOと比べるとデビューした時期が数年早く、アイドルとしての経験値も豊富で、グループの団結力がしっかりしているとのこと。一方、EXOのメンバーたちは、人気に大きな個人差があり、人数が多いことも影響して、グループでの活動にはまとまりがないと述べた。さらに、EXOは3人の中国人メンバー(クリス、ルハン、タオ)の脱退が大きく影響しており、ファンの数が激減した一番の原因であると結論付けたのだった。

 中国のEXOファンはこの論評について、「EXOだって、獲得した音楽賞の数だったら負けていない。この作家はバカか!」「そもそもBIGBANGとEXOは目指している方向性が違う。BIGBANGは性格や芸術性重視で、EXOはルックスと身体能力を重視している。単純に比較するな」「3人が脱退しても、私の中でEXOは永遠に12人」などなど、否定的な意見が多く寄せられ、サイトのコメント欄が炎上する事態となった。

 一方、勿氏はEXOのファンにも言及。「ルックスが良いというだけでEXOファンになる女性が多く、彼女たちには音楽性など関係ない」と指摘したことも炎上の一因になっているようだ。ちなみに勿氏は、中国散文詩研究会会員という肩書で、アイドルについてのコラムを多く執筆している。中国では、そこそこ影響力のあるコラムニストのようだ。

 中国では現在、初となる中国国産アイドル・TFBOYSも徐々に人気が出始めており、将来的にEXOやBIGBANGと競い合うと見られている。中国でも本格的に男性アイドルがエンタメビジネスの中核となりつつある今、韓国勢と中国勢のせめぎ合いは熱を帯びそうだ。
(青山大樹)

EXOファンはBTSにも負けた点についてはどうお考えで……

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  2. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  3. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  4. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  5. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  6. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  7. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  8. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  9. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  10. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  11. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  12. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声
  13. 藤原さくら、違和感だらけの起用
  14. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  15. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  16. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  17. “もう終わった”イケメン俳優3人
  18. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  19. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  20. 「GENKINGの二の舞」とウワサの芸能人

ジャニーズの人気記事

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  3. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  4. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  5. キムタクは「がんばっちゃう男」である

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  3. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム
  4. リアーナ、J. Loをアンフォロー
  5. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに