“はるさん、帰るよ!”

小保方晴子氏の『あの日』は男性研究者のセクハラ告発本だった!? 関係者が分析

小保方晴子氏の『あの日』は男性研究者のセクハラ告発本だった!? 関係者が分析

 STAP細胞騒動のヒロイン、元理研研究員の小保方晴子氏の手記『あの日』(講談社)が売れに売れまくっている。紀伊國屋書店の2月13日~2月19日の一週間ランキングでは、和書総合5位にランクインしている。前編は小保方氏のサクセスストーリー、後半はES細胞の窃盗の濡れ衣を着せられたという釈明を訴える内容になっている。一方で、現役の研究者たちの間では、この本の狙いは「セクハラ告発」だという説が囁かれている。...



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

小保方晴子氏の『あの日』は男性研究者のセクハラ告発本だった!? 関係者が分析のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! STAP細胞セクハラ小保方晴子理化学研究所のニュースならサイゾーウーマンへ!