[ジャニーズファン・最近のHOT TOPIC]

KAT-TUN・亀梨和也『怪盗 山猫』、1ケタ陥落! 「滑ってる」「音痴が不快」と拒絶反応も

1601_kaitou01.jpg
『怪盗 山猫』(日本テレビ系)公式サイトより

 13日、KAT‐TUN・亀梨和也が主演を務める『怪盗 山猫』(日本テレビ系)第5話が放送され、その視聴率が7.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)だったことがわかった。初回14.3%と好スタートを切ったものの、その後は第2話13.6%、第3話11.1%、第4話10.0%と数字が下がり続け、第5話にして、ついに1ケタ台に突入。このまま下がり続ける一方なのだろうか?

「第5話では、山猫(亀梨)の偽物が現れ、彼が事件の容疑者になってしまうというストーリーが展開され、視聴者からは『今回も面白かった』『相変わらず爽快』『山猫の亀、なんか可愛い』と好評でした。また、終盤まで山猫の声が聞こえないという演出がされたんですが、ネットでは『主演の声がほとんど聞けないとか新鮮』といった声が上がっていましたね。しかし、山猫が個性の強い役であるせいか、亀梨について『演技力あるな』と褒める声も多い一方、『亀梨は静かな演技の方が合っている気がする』『亀梨が演じると、山猫が滑って見える』『山猫の怒鳴りと音痴な歌は不快だよな』という声も見られます」(芸能ライター)

 視聴率低下を受けてか、「刑事役の菜々緒が、14日放送の『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)、15日放送の『しゃべくり007』(どちらも日本テレビ系)といったバラエティ番組に出演するなど、ドラマサイドは『怪盗 山猫』の宣伝に躍起」(同)だという。そうした試みで視聴率回復となればいいが、このまま1ケタが続くとなると、亀梨が窮地に立たされてしまいそうだ。

「KAT‐TUNは13日、5月1日の東京ドーム公演から充電期間に入ることを発表しました。具体的な期間は明かされていませんが、14日放送の『シューイチ』(日本テレビ系)に出演した中丸雄一いわく、『会議では1年か2年というワードが出ている』とのこと。この発表に伴い、『怪盗 山猫』の視聴率も上がるのではと予想されましたが、最低記録更新とは少々物悲しいですね。亀梨は充電期間中、役者の仕事が中心となるでしょうし、今後のソロ活動のためにも『怪盗 山猫』はどうしたってコケるわけにはいきません。ちょうど折り返し地点の今、視聴率を回復させ、良い形で終えたいと切望していると思いますよ」(同)

 20日放送の『怪盗 山猫』第6話には、日本テレビ系の連続ドラマのコラボレーション企画により、『ヒガンバナ ~警視庁捜査七課~』の堀北真希が来宮渚役として出演するという。この企画が功を奏し、視聴率回復の踏み台となることに期待したいが……。

水虫役という新境地を開いているのに!!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  2. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  3. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  4. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  5. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  6. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  7. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  8. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  9. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  10. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  11. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  12. 新春ジャニオタ放談
  13. 『カウコン』意外な舞台裏
  14. 婚約中の浮気も不倫と同じ?
  15. “もう終わった”イケメン俳優3人
  16. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  17. 『べっぴんさん』紀夫人気が暴落?
  18. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  19. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち
  20. マツコとSMAP間に不穏な空気?

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 新春ジャニオタ放談
  3. 『カウコン』意外な舞台裏
  4. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  5. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 性暴力に遭った女性は繰り返し遭う
  3. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  4. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  5. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー