夫にONNを目撃されたのにスルー…蒸し返す必要はなし!

◎夫にオナニーを目撃された…夫は何も言ってきません

<洋香さん>31歳/既婚女性

 いつも楽しく読ませていただいています、セックスレス4年目の主婦です。

 夫とは学生時代から5年付き合って、いま結婚6年目です。「主婦です」と言いましたが、夫婦共働きで子供はいません。付き合っている頃は会う度にエッチしていましたが、結婚式の準備を始めた頃から会ってもしない日が増えていき、何となくしないのが普通になってしまいました。去年は一度だけしましたが、要するにセックスレスです。

 とはいえ、夫婦仲は良好です。私自身が欲求不満というわけでもないので、他の男性としたいとも思わないし、「夫からもっと求められたい」とか「求められなくて寂しい」とかもないんです。

 長くなりすみません。結婚前からセックスとは別で、ちょっとムラッとした時にオナニーをたまにしていて、ここ数年も変わらずたまにやっていました。そして先日の朝、寝室でしているところを夫に見られてしまったんです。しかも布団をかけておらず下半身ほぼ裸の状態だったので、完全に何をしている最中なのかバレバレで……。夫は黙って寝室のドアを閉めて、そのままお互い仕事に行きましたが、それ以来、ちょっと気まずいです。この話に向こうが触れてこない以上、私から何か言わないほうがいいんでしょうか。何か言うといっても、別に弁解とかも何もないんですが……。
---------------------------------------

 私もオナニーをセフレに目撃されたこと、ありますよ! その時はセフレが「あー! オナニーしてたでしょー!」って明るくツッコんでくれたので、あまり気まずくなることもなかったのですが。

 あの瞬間って、本当にどうしようもないですよね。自分から「いや、これはなんでもない!」と言い訳するのもおかしな話だし、相手がオナニー中だと気づいていない可能性に賭けたい気持ちもあるし……。いろいろな考えが頭を駆け巡り、相手のリアクションを待ちながら冷汗が出ます。

 洋香さんのご主人は沈黙を守るタイプであったと。とはいえ、オナニー目撃事件からは少なくとも数日経っているでしょうし、特に蒸し返す必要はないと思います。

 洋香さんとご主人は、セックスレスでも仲良く暮らしているとのことで、きっと男女というよりは家族としての絆が深まっているんじゃないでしょうか。家族の性的な何かを目撃してしまった時って、見た側も見られた側も「なかったこと」にするのが一番の解決策だと私は思います。

 私は学生時代に父親にオナニーを目撃されるという最悪な事態に見舞われたことがありますが、父親も私もそれについて何も触れず……。しかしいまでも仲良しです。

 人間誰しも性欲はあるので、セックスではなくオナニーで手軽にスッキリしたい時もあります。家族と一緒に暮らしている場合、どうにか家族の目を盗んでオナニーをしようと試みますが、やっぱり一つ屋根の下で暮らしていれば、事故的に見つかってしまうこともあります。明らかに見られてしまう場所でオナニーを行うなどの迷惑をかけない限り、お互いの性欲を黙認しながらも仲良くいられるのが家族というものの良さなんじゃないでしょうか。

 とはいえ、オナニーを目撃された時のヒヤヒヤ感は、できればもう味わいたくないものですよね。鍵をかけたりして、見つからない環境でオナニーを楽しみましょう!

■Lollipop-Rumiko/通称ロリルミ。中学1年で済ませた初体験を皮切りにビッチ街道を突っ走ってきたが、ここ数年それに疑問を感じ始めている26歳。しかしまだ完全にビッチを卒業することはできず。好きな男性のタイプは、ちょっとSなクンニスト。最近の悩みは、夕方になるにつれてクッキリしてくるほうれい線と、過度の飲酒と白米の食べ過ぎによってできた腰回りのぜい肉。

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  4. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  5. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  6. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  7. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  8. ムショ飯はうまいのか?
  9. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  10. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  11. “もう終わった”イケメン俳優3人
  12. “消えたAKB48”河西智美は今
  13. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  14. 違法ギャンブルにハマる危険な芸能人
  15. 新春ジャニオタ放談
  16. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  17. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  18. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  19. 若い男を恋愛対象にするのをやめたい
  20. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  3. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 他人の記事をパクるのはこんな人
  3. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー