視聴者はくぎづけに

清原和博の元同僚・野村貴仁、数日で100万以上荒稼ぎ!? 狡猾な“ギャラ要求”にマスコミ不信感

2016kiyoharakazuhiro.jpg
またとんでもない人物をお茶の間に送り込んだね

 覚せい剤取締法違反で逮捕された清原和博をめぐって、読売ジャイアンツ時代の元同僚・野村貴仁氏がネット上で話題になっている。白髪交じりの長いヒゲに虚ろな表情、自宅がゴミ屋敷という衝撃的な現状に加え、「(清原に覚せい剤を)渡してた」といった発言もあって、各メディアも野村氏の存在に大注目しているという。

 野村氏は1998年から2001年まで、清原とチームメイトだった。06年には自らも覚せい剤取締法違反の疑いで逮捕され、有罪判決を受けている。

「彼の存在を先駆けてキャッチし、インタビューを行った『情報ライブ ミヤネ屋』(日本テレビ系)の放送は、視聴者のみならずメディア関係者にも大きな衝撃を与えました。『(清原は覚せい剤を使ったから)3試合連続でホームラン打ったんですよ』など、顔出しで、清原のクスリ事情に食い込みすぎた話をしていることもそうですが、何よりあの絵面のインパクトはすさまじい。各社とも一斉に、野村氏への取材を決行しようと動きました」(テレビ局関係者)

 しかし、いくつかのテレビ番組、また新聞もインタビューに成功しているが、中には野村氏から提示された“条件”を理由に取材を断念する社もあったようだ。

「提示された謝礼の金額によって、取材を諦める社もあるそうです。野村氏はこうした交渉に長けているようで、『あそこはこれだけ払ってくれたよ』などと数十万円の謝礼を要求してくるんだとか。11日付の『日刊スポーツ』では『今は無責任なことは言えない。公判が終わったら話す』と、暗に再インタビューを希望するコメントが掲載され、さらに謝礼を引っ張ろうとしている姿勢も、記者たちの不信感を招いていますね」(同)

 さらに同日放送の『とくダネ!』(フジテレビ系)では、野村氏の言動を「各メディアでの証言はそのたびにニュアンスが異なる」などとし、発言の信ぴょう性についても疑問が残ると伝えていた。しかし複数の番組、新聞などのインタビューをこなした野村氏は「この数日で100万円以上は手にしたのでは。全メディアとも十万円はくだらない謝礼を支払っているはずですからね」(同)という。

 野村氏は仕事について「ぼちぼちやろうと思っている」とコメントしていたが、この100万円の使いみちは知るすべもない。果たして清原の公判終了後、再び野村氏はメディアを席巻するのだろうか?

薬物で人生終わるってことは強烈に伝わったよ

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  2. 『カウコン』意外な舞台裏
  3. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  4. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  5. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  6. マツコとSMAP間に不穏な空気?
  7. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  8. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  9. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  10. 芦田愛菜、テレ東深夜転落
  11. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  12. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  13. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  14. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  15. “もう終わった”イケメン俳優3人
  16. キャラ変え好調の乙武洋匡
  17. 『べっぴんさん』紀夫人気が暴落?
  18. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  19. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  20. 「二度と仕事したくない」勘違い女優

ジャニーズの人気記事

  1. 『カウコン』意外な舞台裏
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  4. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  5. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. 覚せい剤使用体験の天国と地獄
  5. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー