【うわさの会見場から】

イモトアヤコ、「ベッキーとは?」の質問に硬直!! 「撮らないで!」の指示飛んだ“緊迫の会見”

bekky160107.jpg
『3shine!~Singles&More~』/EMI Records Japan

 『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)でおなじみのイモトアヤコが、1月30日に自著『イモトの元気の素 88の言葉』(日経BP社)刊行記念イベントを開催した。イベント前のマスコミによるインタビューでは、好感度の高いイモトだけに、和やかな空気で進行するとみられていたが、実は緊迫した瞬間がたびたびあったという。

「囲み取材は、書籍のことや30歳の抱負など、当たり障りのない話題で和やかに進行したのですが、去り際に記者から、現在ゲスの極み乙女。・川谷絵音との不倫報道で渦中にいるベッキーについての質問が。『イッテQ!』で共演している縁もあるイモトですが、『ベッキーさんとは?』の声がけに、一気に硬直し、『連絡を取っていません』と答えるのみで、取材陣の間にも緊張が走りました」(芸能記者)

 しかしその後、スポーツ紙など一部媒体にだけ、あらためてイモトはベッキーについて「(本人から連絡は)ないです。3日くらい前に、2週間のアラスカロケから帰ってきたばかりなので、詳細はわかりません。何も言えない」などとコメントしたのだという。これらの発言は、情報番組などテレビ局だけが“使用NG”になってしまったそうだが、その理由は現場にいたイモトの所属事務所の男性スタッフによる指示があったからだという。

「各スポンサーから縁切りされているベッキーの話題とあって、イモトサイドも、ことテレビには不用意な発言を報じられたくなかったのでしょう。スタッフはイモトを一度退席させた後、活字媒体の記者だけを再集合させ、ベッキーに関するコメント取材を実施しました。事情を知らなかったのか、ある局のムービーカメラマンがそのシーンにカメラを向けようとしましたが、男性スタッフは『撮らないでください!』とキッパリ突っぱねていました」(同)

 なお、この男性スタッフは「AKB48・柏木由紀のイベントでもNEWS・手越祐也に関する質問を完全封殺するなど、やり手として有名な人物。彼が目を光らせていたため、この日はマスコミどころかイモト自身も緊張しているようでした」(同)。

 イモトはベッキーに対して、“読めば元気になる”という本書から「全ての言葉を贈りたい」と言っていたそうだが、果たしてベッキーにまで届いただろうか?

好感度を吸収する魔のツボみたいな扱いに……

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 嵐・櫻井熱愛報道で炎上中
  2. 村主章枝、フルヌード解禁も苦情殺到
  3. “老害”扱いのAKBメンバー3人
  4. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  5. 嵐・櫻井翔、結婚はない?
  6. 二度と仕事したくないAKB48メンバーは
  7. 坂口杏里、AVの“Amazonレビュー激減”
  8. 嵐・櫻井熱愛と政界進出の関連
  9. 関係者が密告「性格悪い」芸能人
  10. 石原さとみの顔はエロいのか?
  11. 佐藤勝利がとらわれる3つの呪縛
  12. NEWS・小山の交際疑惑女性、事務所解雇に
  13. 城島茂の体当たりSMプレイが19%超
  14. 安藤美姫、ビキニ姿にアンチ爆発
  15. 韓国大企業の汚職を暴くドラマが話題
  16. 芸能人衝撃のマタニティフォト集
  17. メリル、ドレスをめぐる誤解に激怒
  18. 中居正広、仕事は好調、結婚も近い!?
  19. 自称「満ち足りた男」を暴く爽快感
  20. 小嶋陽菜、乃木坂に激怒のワケ

ジャニーズの人気記事

  1. 嵐・櫻井熱愛報道で炎上中
  2. 嵐・櫻井翔、結婚はない?
  3. 嵐・櫻井熱愛と政界進出の関連
  4. 佐藤勝利がとらわれる3つの呪縛
  5. NEWS・小山の交際疑惑女性、事務所解雇に

カルチャーの人気記事

  1. 「Domani」結婚企画、誰も結婚できなそう
  2. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  3. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  4. 義母の金を搾取しまくり介護は拒否!! 義姉さん、あなた人間の心持ってますかぁー?
  5. 「いい病院」特集に、主治医との恋バナ!?

海外ゴシップの人気記事

  1. メリル、ドレスをめぐる誤解に激怒
  2. ブリトニーの非公認自伝映画が炎上中
  3. マザコン? 奇声? 伝説に残るアカデミー賞スピーチ
  4. ザ・ウィークエンドの新曲がエグい!
  5. 私たちが知らない『クリミナル・マインド』の7つのこと