【うわさの会見場から】

狩野英孝、芸能界で「好感度低すぎ」!? 久本雅美の“投げやりコメント”にマスコミ苦笑

kano_160205.jpg
狩野英孝オフィシャルブログより

 お笑い芸人の狩野英孝をめぐる三角関係騒動が持ち上がったが、芸能マスコミ関係者の間では、「今年、最もどうでもいい騒動」などと揶揄されているという。狩野、歌手の川本真琴、モデルの加藤紗里の三角関係疑惑が持ち上がったのは、先月25日に川本がTwitter上で恋人がいると宣言したことが発端。一部スポーツ紙で、お相手は狩野だと報じられたが、その直後、加藤が狩野と交際しているのは自分であるとインスタグラムで名乗り出た。加藤はテレビやスポーツ紙のインタビューなどに応じ、狩野は川本とはすでに破局済み、現在は自身と交際していると告白。しかし狩野本人が沈黙を守っているため真相が見えず、まだまだ尾を引きそうな様子なのだが……。

「『狩野がモテている』という意外性は面白い騒動なんですが、元々“ポンコツ芸人”の狩野、最近ヒット曲がなく精神面が安定していないような言動を見せる川本、まったくの無名である自称モデルと、登場人物がどれもB級感漂うメンバー。ベッキーとゲスの極み乙女。・川谷絵音の不倫騒動、SMAPの解散騒動、清原和博の覚せい剤逮捕など、今年に入ってから多忙を極めている芸能マスコミ関係者にとっては、あまり食指が動かない話題です。ネットユーザーは面白おかしくウォッチしているようですが、マスコミの温度は驚くほど低い」(ワイドショースタッフ)

 マスコミだけでなく、タレントの間でも、狩野の三角関係に対する関心の薄さは顕著だという。

「各芸能イベントの囲み会見でこの騒動についての話題が出ても、まったく盛り上がりません。ベッキー騒動、SMAP騒動のときには、その話題をタレントに振ろうとすると関係者が止めに入ったり、タレントが言及しても、後からその部分の使用NGが伝えられたりとピリピリした状況でしたが、狩野の話題には、関係者はノータッチ。かといって、聞かれたタレント側もそれほど興味がない様子で、ピース・綾部祐二は『真実は知らないけど、うらやましいですね。ポンコツの中ではモテる』、木下優樹菜は『会ったことないけど、モテるんでしょうね』、久本雅美は『そんなことより、自分のことでいっぱいいっぱい』といった、投げやり気味なコメントばかり。“ポンコツだけど愛されキャラ”というイメージの狩野でしたが、タレント内でもそれほど愛されていなかったのかと、記者たちも苦笑していました」(同)

 社会学者の古市憲寿氏は、コメンテーターを務める『とくダネ!』(フジテレビ系)で「どうでもいいですよね。懐かしい人とつまんない人と知らない人の三角関係って、まったく興味が持てない」と世間の声を代弁していた。この騒動を喜んでいるのは、無名モデルから脱出できた加藤だけかもしれない。

マチャミと神主はそもそも水と油なんじゃ?

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  2. りゅうちぇる、ビジネス結婚報告の手法
  3. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  4. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  5. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  6. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  7. 「GENKINGの二の舞」とウワサの芸能人
  8. 「臨場」シリーズもご臨終……。内野聖陽がショックのあまり白髪に
  9. 芸能プロ震撼させた「暴露ブログ」
  10. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  11. 藤原さくら、違和感だらけの起用
  12. 香里奈『嫌われる勇気』、視聴者総スカン
  13. “もう終わった”イケメン俳優3人
  14. テレビとギャップありなジャニーズ
  15. 評判の悪い“二世タレント”を実名暴露
  16. ジャニーズ生写真売り上げ【12月】
  17. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  18. GENKING、元カレ質問で大失態
  19. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  20. 西内まりや、なぜ月9主演受けた?

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  2. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  3. テレビとギャップありなジャニーズ
  4. ジャニーズ生写真売り上げ【12月】
  5. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー