新婚生活は順風満帆!?

DAIGO、正月のCM出演本数第1位も……“出演秒数”ぶっちぎりトップはアノ嫌われ女優!

daigo0112.jpg
DAIGO公式ブログより

 ビデオリサーチ社が、グループ会社であるビデオリサーチコムハウス社が取りまとめた「2016年お正月三ヶ日のCM動向」を発表し、最も出演本数が多かったタレントはDAIGOだったことがわかった。

 同調査は、5つの在京キー局で、16年1月1日午前0時~同3日深夜0時までにオンエアされたCMが対象となる。

 トップとなったDAIGOは「ユーキャン」「ダイハツTanto」など374本(5610秒)に出演し、ダントツで首位。続いて、「ソフトバンク」「東京ガス」などのCMに出演した広瀬すずが281本で2位だったが、出演秒数では7080秒で、ぶっちぎりのトップ。3位は小泉今日子(258本/ソフトバンク)、4位は加藤ローサ(247本/ダイハツTanto)で、また「2015タレントCM起用社数ランキング」(ニホンモニター社調査)で男女通じて首位の上戸彩(13社)は228本(ソフトバンクなど)で、この調査でも5位となっており、変わらぬ強さをみせている。

 ここ最近、「クラッシュオブキングス」(エレックスワイヤレス)のCMが盛んに流れているが、そのCMに出ているTOKIO・城島茂(186本)が7位、あき竹城(179本)が8位にランクイン。同じく、「グランブルーファンタジー」(Cygames)のCMに出演中の菅田将暉は、176本で9位に。そして10位は、ももいろクローバーZ(スズキ ハスラーなど)で155本だった。ニューフェイスでは、桜井日奈子(コロプラなど/132本)が15位、黒島結菜(みずほ銀行など/119本)が18位に入っており、今後CM出演が増えていく可能性は大である。
 
ちなみに、「2015タレントCM起用社数ランキング」の男性タレント部門で、上位を占拠した相葉雅紀ら嵐のメンバーは、20位までに誰もランクインしなかった。

 このランキングは、あくまでもお正月三ヶ日に限定したものだが、このままDAIGOが突っ走るようなことがあれば、その出演料は、北川景子との結婚生活を営む資金となるはず。DAIGOの16年は順風満帆となりそうだ。
(文=森田英雄)

KYON×2のセーラームーンCM、どこで笑えばいいの?

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 三浦春馬、写真流出の裏である豪語
  2. 菊地亜美の会見がド修羅場に
  3. 元KAT-TUNと元NEWSが共演
  4. 野村周平のアンチが急増しているワケ
  5. 三代目JSB・山下の恋人にファン大混乱
  6. 芦田愛菜が合格した名門私立は?
  7. 田口淳之介、異例メジャーデビューの裏
  8. 『嘘の戦争』制作発表が修羅場に
  9. ザ・ウィークエンドの新曲がエグい!
  10. 丸山の繊細なブログにファンも心配
  11. “○○が面倒くさい”芸能人
  12. 今月号もひどい「CLASSY.」の恋愛企画
  13. 栄養ドリンクで疲労は一切とれない
  14. “もう終わった”イケメン俳優3人
  15. 「タウリン配合」はまったく意味ナシ!
  16. 月9イケメン俳優3人の業界評は?
  17. ジャニーズ生写真売り上げ【1月】
  18. 「ド修羅場会見」を関係者暴露
  19. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  20. 男性保育士問題へのリアルな本音

ジャニーズの人気記事

  1. 元KAT-TUNと元NEWSが共演
  2. 田口淳之介、異例メジャーデビューの裏
  3. 『嘘の戦争』制作発表が修羅場に
  4. ジャニーズ生写真売り上げ【1月】
  5. 近藤真彦「嵐派だから」と軽口発言

カルチャーの人気記事

  1. 今月号もひどい「CLASSY.」の恋愛企画
  2. あの子に赤ちゃんを殺される! ボールをぶつけ、階段から突き落とす5歳女児に恐怖
  3. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  4. 植本一子「理想の家族像」から解き放たれて
  5. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら

海外ゴシップの人気記事

  1. ザ・ウィークエンドの新曲がエグい!
  2. 「ラーメン大好き」キアヌ・リーブス、日本でお気に入りの店が判明! ファンに神対応も
  3. 50セントが半年で25億円の債権を返済できたワケ
  4. M・タイソン、ブラピに妻を寝取られた過去
  5. ビヨンセ、夫の浮気の怒りをアルバムにぶつける!