彼の母にバツ1だと伝えたら、結婚を反対されました

●みきゃこ(29)
KENJIさん初めまして。私は2年前に離婚したバツ1子なしのOLです。理由はさまざまでしたが円満に離婚できました。そして、離婚して5カ月後から同い年の新しい彼氏と付き合っています。

そんな彼氏のお母さんに先日お会いした時に、突然彼氏が「彼女はバツ1なんだよ」とお母さんに伝えたんです。すると、お母さんはびっくりしてしまい、その後は何となくギクシャクしてしまいました。数日後、「俺はみきゃこと結婚したいけど、バツ1の件でお母さんが反対してる」「でもどうにか説得したい」と話されました。私も彼と結婚したいのですが、どう説得するか悩んでいます。お知恵をお貸しいただけないでしょうか?

―――

みきゃこさん
ごきげんよう。アタシがKENJIよ。

まず、円満に離婚が成立してよかったわね。
でも一難去ってまた一難ってところかしら。
今回のご相談は、義母の考え方がちょっとくせ者。
突然言っちゃう殿方も殿方ね……。
とはいえ、タイミングを考えて発言しているのかわからないけど、先延ばしにするよりも最初に伝えて良かった思うわ。

義母からしたら、息子に「今だったらまだ引き返すことができるわよ!」って感じかしらね。
どんな親でも自分の子供が可愛いのよ。
だから、「相手に離婚歴がある」とだけ聞けば、ネガティブな印象を持ってしまう方もいるわ。
例えば……
「性格的に難ありでは?」
「家を守れなかったってこと?」
「親戚に示しがつかない!」
なんてね。

でも、ちょっと言わせて頂戴。
いちいちうるさいのよね!
離婚の何がいけないのよ!
器が小さいわね。
そんなネガティブなことばかり考えていたら何も生まれないわ。
いつまで息子の嫁候補に心の鎖国を続けるつもりかしら?
逆にどんな黒船だったら納得するわけよ。

義母へKENJI美ンタ!! ビターーーーーーーーーーーーーン!!!!!!
「さっさと心の開国しなさいよ!」

まぁ、義母の気持ちもわからなくもないけど、相手がバツ1ってだけで息子の結婚を反対するのはいただけないわ~。
人の数だけ愛の形があるのよ。
別にいいじゃないの。
義母もきっと誰かの元カノであって今があるんだから。

義母の壁があるとはいえ、みきゃこさんはとっても恵まれているわ。
アナタのことを全力で好きでいてくれる殿方に感謝しなさいね。
義母に説得をするにはこれよ!

KENJI美タミン注入〜♪
「お義母さん! 真剣なのですべてお話させていただきます」

まずは、直接会ってお話をすることをお勧めするわ。
場所は家ではなく、レストランとかでお食事やお茶をしながらお話すること。
スケジュールを押さえることから始めましょう。
家にお邪魔すると義母の空気に染められてしまうからなるべく離れることがポイントよ!

場所とスケジュールを押さえたら、義母が一番気になっているであろう【離婚の詳細】を話すの!
調べたらすぐにわかることは素直にお話すべきだし、どう調べてもわからないことやプライバシーを守りたい部分については綺麗に演出して伝えてもいいと思うわ。
アナタがマイナスに映らないように説明をしなさい。
ただし、すぐバレるウソはダメよ!

説得を殿方任せにせず、真剣にお話できる場をセッティングすることから始めてみてはいかがかしら?
応援しているわよ。

KENJI拝

◎KENJI新刊「汚ブスの呪縛」発売したわよ~!!!

 連載開始から約2年……ついに「女子会の帝王・KENJIの美タミン注入☆」が書籍化しました! その名も「汚ブスの呪縛」。これまでKENJIが美タミン注入してきた中から【愛って何だと思う?】をテーマに、選りすぐりの“汚ブス事案”を詰め込んだ最強恋愛指南書です。様々な立場で「呪縛」に取りつかれている汚ブスたちが「好かれる人=美ーナス」に生まれ変わる方法を“笑い”と“愛毒舌”でレクチャーしています!  12月18日(金)、19日(土)には刊行記念イベントを開催! お楽しみに~!

■KENJI/年間400回以上の女子会をプロデュースし、内面汚(お)ブスの本音を炙り出す。おネエキャラでテレビ、雑誌、イベントMCなど多数活躍!高校、大学ではマナー講師も。FBS『クロ女子白書』(深夜0:54)レギュラー出演中/著書『女子会のお作法』(産学社)

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  4. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  5. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  6. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  7. “消えたAKB48”河西智美は今
  8. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  9. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  10. “もう終わった”イケメン俳優3人
  11. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  12. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  13. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  14. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  15. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  16. ムショ飯はうまいのか?
  17. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  18. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  19. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  20. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機

ジャニーズの人気記事

  1. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  2. 新春ジャニオタ放談
  3. マンガ『ヅャニーさん』34回
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!