「結果、私に合う人だった」突然セフレからプロポーズを受けて結婚した背景

 男女が結婚を決める時。それ以前から恋人同士として交際していたり、または元々結婚するつもりで交際を始めたなど、いずれにせよ「お互いを恋人として認識している期間」があるのが一般的ではないでしょうか?

 しかし、どちらか片方だけが相手を恋人だと思っていたら? そして、自分としては交際しているとは思っていない相手に「結婚したい」と言われたら? 「そもそも付き合っていない」と断るのか、もしくは「まずはお付き合いから」と新たなスタートを切るのか。人と人との関係性はいつどう変化するかわかりませんから、いろんな答えが出ると思います。

 今回、お話を聞いたNさん(28)は、恋人とは思っていなかった3歳年上の男性にプロポーズされ、昨年めでたく結婚したそうです。何がどうなって結婚に至ったのでしょうか?

――そもそも、結婚前はご主人とどんな関係だったんですか?

N「2年くらい友達以上恋人未満というか、セフレのような関係でした。二カ月に一度くらい、2人でご飯に行って、その後どちらかの家でセックスする時もあればしない時もある、みたいな」

――その間、Nさんやご主人には、彼氏や彼女がいたんでしょうか?

N「お互いフリーでした。ただ私は彼氏が欲しくて、頻繁に合コンなんかにも行ってました。でもなかなかいい人には出会えず、暇な時にいまの旦那と遊んでって感じでしたね。旦那は当時から仕事が忙しい人で、そんなに遊んだりもしてなかったみたいです」

――そこからどうやって結婚に?

N「去年の夏に旦那とご飯に行った時に、突然『そろそろ結婚しない?』って言われたんです。驚きすぎて、まず『なんで?』って聞いたんですが、『付き合って2年くらい経つし、そろそろ年齢的にもちょうどいいかなって思って』って言い出して。旦那としては、私とずっと付き合ってると思ってたらしくて。そう言われたら私も『いやいや付き合ってないよね、セフレじゃん』とは言い出せずに、『今度会う時まで考えておく』って返事を待ってもらうことにしたんです」

――お互いの年齢を考えると、ご主人としては2年間交際していたわけですし、プロポーズするのもわからなくはないですね。

N「旅行とかデートスポットに行くとか、恋人同士っぽいことはあんまりしてないけど、確かに旦那は誕生日にプレゼントをくれたりとか、いま思い返せば付き合ってると思ってるような行動はあったかも。私は旦那の誕生日も覚えてなかったのに……(笑)。セックスもしてたしお互いの家も知ってたから、付き合ってると思うのも仕方なかったのかな。いままで付き合った人は、みんな『付き合おう』って告白してくれてたんで、そういうのがなかった旦那との関係は恋人同士じゃないって勝手に思い込んでいました」

――それでも、結果的にプロポーズは受け入れたんですね。

N「急に結婚の話をされて、ものすごく驚きましたけど、ひとりになってよく考えた時に『別に断る理由なくない?』って思ったんです。そろそろ結婚したいとも思ってたし、他に好きな人がいるワケでもなかったし。この人じゃなきゃダメなのか? って聞かれるとちょっと疑問だったけど、体の相性も悪くないし、こっちが引いちゃうような常識のない行動も取らないし、仕事もきちんとしてるし、結婚して家族になるのにピッタリな人なんじゃないかと」

――実際、結婚してみていかがですか?

N「旦那と一緒にいてときめきはないけど、とにかく楽なんです。昔、めちゃくちゃ好きな人と付き合った時はちょっとしたことで気分が落ちたり上がったり、感情の起伏がすごかったんですけど、そうはならない旦那と結婚したことで気持ち的に落ち着いた生活ができているというか……結婚に合う人は旦那みたいな人だったんだなって思います」

 告白でもプロポーズでもそうですが、本当に嫌な場合は断る理由ばかりがどんどん出てくるものです。しかし、Nさんのようにそれがなかったという場合は、すでに心のどこかでは受け入れ態勢ができていたということかもしれません。相手からの問いかけがあって初めて、自分が本当に求めていたものが何かわかることもあるでしょう。それを引き出してくれたご主人に出会えたNさんは幸せ者ですね。
(リオネル・メシ子)

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク