『デスノート』超えならず

上川隆也『エンジェル・ハート』全話平均9.3%で終了は、“成功”か“失敗”か?

2015angelh.jpg
『エンジェル・ハート』(日本テレビ系)公式サイトより

 上川隆也が主演した日本テレビ系の日曜ドラマ『エンジェル・ハート』(日曜午後10時30分~)が、10月期の連ドラの中で先駆けて6日に最終回(第9話)を迎え、視聴率は7.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)だった。

 初回は12.5%と好発進し、第2話も10.0%と2ケタを維持したものの、第3話で8.1%と1ケタ台に転落。第4話では10.3%と数字を戻したが、第5話で8.6%と再び2ケタを割ると、以降、第6話7.1%、第7話9.0%、第8話8.5%と1ケタ台が続き、尻すぼみの格好で最終回を終えた。全話平均視聴率は9.3%で、惜しくも2ケタには届かず。

 今年4月期にスタートした同枠ドラマは、4月期のEXILE・TAKAHIRO主演『ワイルド・ヒーローズ』が平均8.8%、7月期の窪田正孝主演『デスノート』が平均11.6%だった。午後10時30分~11時25分という時間帯を考慮すれば、9%台は、良くはないが、決して悪いとは言い切れない。

 『エンジェル・ハート』は1985~91年に「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載された人気漫画『シティーハンター』の世界観を基に、作者の北条司氏が新たなパラレルワールドとして描いた漫画で、「週刊コミックパンチ」(新潮社=2001~10年)、「月刊コミックゼノン」(徳間書店=10年)で連載され、05年10月から06年9月まで日本テレビ系でアニメ化もされたが、実写化は今回が初めてだった。

 そしてなにより、数字以上に評価されたのが、ドラマの内容。『ワイルド・ヒーローズ』は「EXILEメンバーの演技が学芸会レベル」などと酷評され、『デスノート』は「原作、映画版よりつまらない」といった批判も少なくなかった。

 一方、『エンジェル・ハート』は主人公・冴羽リョウを演じた上川が役作りに真剣に取り込んだ結果、「原作に近いリョウを演じていた」と評価された。ドラマ自体、原作に近かったため、「原作と違う部分はあったが、再現率も高く、これはこれで楽しめた」「上川の演技力はさすがだった。脇を固めたほかの役者も、役にはまっていた」「上川が冴羽リョウで良かった」「原作のツボは押さえてあったし、キャストも良かった」といった具合で評価する声は多かった。

 視聴率が徐々に下がっていったのは、「原作自体を読んでいない視聴者が脱落していったから」と見て取れそうだが、漫画の実写ドラマ化は、全てを完全に再現するわけにもいかない。その意味では、『エンジェル・ハート』は原作のファンにもおおむね受け入れられ、視聴率的にも、それほど低くなかった点は評価すべきではないだろうか。視聴率2ケタには乗せられなかったが、漫画の実写ドラマとしては、健闘した方といってもいいのかもしれない。
(森田英雄)

言い様によっては毒にも薬にもならなかったという

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  3. 西内まりや月9、酷評の嵐に
  4. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  5. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  6. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  7. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  8. 江角マキコの引退が「卑怯」なワケ
  9. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  10. “消えたAKB48”河西智美は今
  11. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  12. “もう終わった”イケメン俳優3人
  13. ママ友に「マジおばさん」って笑われた……
  14. テレ朝&TBSにSMAPファン感激のワケ
  15. 江角と対照的、広田レオナの不倫報道
  16. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  17. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  18. 小雪『大貧乏』2週連続4%台の悲劇
  19. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  20. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!

ジャニーズの人気記事

  1. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  2. テレ朝&TBSにSMAPファン感激のワケ
  3. 森且行、SMAP存続ステッカー貼付の真相
  4. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  5. マンガ『ヅャニーさん』34回

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 誰でもいいから義姉をもらって! デブでブスなプライド女を婚活イベントに強制送還!
  4. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  5. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. ビヨンセ、夫の浮気の怒りをアルバムにぶつける!