お久しぶりでーす!

元SKE48・松井玲奈、連ドラ出演に早くも暗雲!? 初主演映画が「90%空席」だった過去

matsuirena1127.jpg
バーニング系事務所所属の本気を見せて!(撮影:岡崎隆生)

 8月31日でSKE48を卒業した松井玲奈が、卒業後初めて連続ドラマに出演する。松井が出演するのは、来年1月期に日本テレビ系で放送される『ニーチェ先生』。原作は「月刊コミックジーン」(KADOKAWA)に連載中で、コミック累計100万部を突破した人気漫画『ニーチェ先生~コンビニに、さとり世代の新人が舞い降りた~』(原作=松駒、作画=ハシモト)。同ドラマは、インターネット映像配信サービスHuluで、1月より独占先行配信される。

 ドラマの舞台となるのは、コンビニエンスストア・スリーセブンで、コンビニの新人バイト店員・ニーチェ先生こと仁井智慧(間宮祥太朗)と、就職浪人中の先輩バイト・松駒(浦井健治)のW主演となる。新人バイトながら、大物ぶりを発揮するニーチェ先生に、度肝を抜かれっぱなしの松駒の姿を表現したコメディで、松井が演じるのは、ニーチェ先生に恋する常連客の塩山楓役だ。ほかのキャストには、佐藤二朗、ムロツヨシ、内田理央、松田凌、菅裕輔、シソンヌの長谷川忍、じろうの出演が決まっている。

 SKE48卒業にあたって、今後、女優として活動する意向を示していた松井にとっては、『マジすか学園2』(テレビ東京)を除くと、初めての連ドラ出演となる。ただ、不安要素も多く抱えている。間宮と浦井の主演で、果たして視聴率が取れるのかどうかだ。間宮は最近では、『水球ヤンキース』(フジテレビ系、2014年7月期)、『学校のカイダン』(日本テレビ系、15年1月期)、『ちゃんぽん食べたか』(NHK総合、15年5~8月)などにレギュラー出演しているが、脇役ばかり。浦井はそもそも舞台俳優で、ドラマ出演はほとんどなく、ともに一般的な知名度が高いとはいえない。単純に知名度なら、出演者の中で松井が一番といってもいい中、視聴率が悪ければ、松井にバッシングの矛先が向けられる可能性も十分あるのだ。

 松井は昨年『gift』で映画初主演を務めたが、公開翌日から映画館の事前予約における空席率が90%以上という状態に陥り、「集客力がない」「ファンはどうした?」とネット上で話題になったことも。それだけに、同ドラマの視聴率にも注目が集まることだろう。

 松井は来年1月、同じ日本テレビ系のスペシャルドラマ『刑事バレリーナ』(主演Hey!Say!JUMP・中島裕翔)で、ヒロインを務めることも決まっている。チャンスを生かすも殺すも松井次第。この2本のドラマで、松井の女優としての資質、器量が問われることになりそうだ。
(森田英雄)

なんだろうこの毒にも薬にもならない感じ……!!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  2. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  3. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  4. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  5. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  6. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  7. 新春ジャニオタ放談
  8. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  9. ムショ飯はうまいのか?
  10. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  11. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  12. 違法ギャンブルにハマる危険な芸能人
  13. “もう終わった”イケメン俳優3人
  14. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  15. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  16. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  17. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  18. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  19. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  20. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー