すっぴん長谷川京子にオーラなし! “CM女王”の成れの果てに、上戸彩もショック?

hasegawa1125
長谷川京子Instagramより

 19日、女優の長谷川京子が自身のインスタグラムに“散歩ファッション”姿を投稿。ほぼノーメイクでメガネをかけた姿には、「ハセキョーだって言われなきゃ、絶対わからない」「オーラなさすぎ」など、ファンですら驚きを隠せないほどのオーラのなさが話題となっている。

「長谷川は現在、37歳で2人の子持ちですが、インスタにアップされた画像を見る限り、もはや普通の主婦にしか見えません。ネット上では、遠慮なく『おばさん』と書き込んでいる人もいますが、そう言われても仕方がないほど、すっかり輝きを失ってしまっています。以前からエラと顎の整形疑惑が絶えない長谷川ですが、ここ最近の急激な劣化は、整形の影響ではないかとささやかれています。ファッション雑誌『CanCam』(小学館)の専属モデル時代は絶大な人気を誇り、“ハセキョー現象”と呼ばれる社会現象まで巻き起こしたのは、整形でアカ抜けたからだという声もありますが、それが今では劣化の原因になっているとなると、皮肉を感じざるを得ません」(芸能関係者)

 2008年に結婚したロックバンド・ポルノグラフィティの新藤晴一との不仲説がたびたび流れる長谷川だが、精神的なストレスがオーラを奪い去っている原因だと指摘する人も少なくない。

「新藤と結婚し、第1子出産後は仕事をセーブしていた長谷川ですが、12年に第2子の出産を終えた後、本格的に仕事復帰しました。結婚してから仕事をセーブしていた女優やタレントが、離婚を見越して仕事復帰するパターンは多々見受けられますから、長谷川もそのパターンではないかとウワサされているようです。ただ、04年には10社11商品のCMに出演し、CM女王の名を欲しいままにしていた彼女も、今ではそれほどの需要はありません。仮に離婚したとしても、生活が安定するかどうかは微妙なところでしょう。浮き沈みの激しさは芸能界特有の怖さともいえますが、“ハセキョー現象”の頃とのギャップに一番驚いているのは、本人でしょうね」(同)

 長谷川と同じく、かつて「CanCam」の専属モデルを務め、CM女王と呼ばれた時期もあった藤原紀香も、今では片岡愛之助との恋愛騒動ばかりが注目される“ワイドショー女優”となってしまった。先輩2人の凋落ぶりを見るにつけ、現在CM女王の座に君臨する上戸彩は、決して人ごとではないと身を引き締める思いになるのではないだろうか?

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

すっぴん長谷川京子にオーラなし! “CM女王”の成れの果てに、上戸彩もショック?のページです。サイゾーウーマンはジャニーズ(嵐、SMAP、TOKIO、KinKi Kids、V6、NEWS、関ジャニ∞、KAT-TUN、Hey!Say!JUMP、Kis-My-Ft2、Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューやコラム、インタビューなども充実! のニュースならサイゾーウーマンへ!

アクセスランキング

  1. 愛子さまの“激やせ”写真の波紋
  2. 『VS嵐』好調の裏に謎の降板劇?
  3. 親の七光りだと思う若手二世タレント
  4. 堀北真希、引退劇の唯一の汚点
  5. 嵐・櫻井熱愛と政界進出の関連
  6. 『べっぴんさん』最恐キャラ登場
  7. 堀北真希“引退会見”を拒否してた!?
  8. 藤ヶ谷、4月期フジ日9ドラマ出演
  9. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  10. 小野賢章、天狗発言で悪評噴出!?
  11. 嵐・櫻井熱愛報道で炎上中
  12. “老害”扱いのAKBメンバー3人
  13. 月9視聴率5%招いた3つの要因
  14. アカデミー賞でもジミーVSマットは健在
  15. 櫻井ファンを疑心暗鬼にさせた、小川アナの1枚の写真
  16. NEWS・小山の交際疑惑女性、事務所解雇に
  17. テレ朝を剛力彩芽が起用し続けるワケ
  18. 熱愛疑惑のNEWS小山が語るNEWSへの思いとは?
  19. 嵐、JUMPらジャニーズ性風俗事情
  20. “もう終わった”イケメン俳優3人

ジャニーズの人気記事

  1. 『VS嵐』好調の裏に謎の降板劇?
  2. 嵐・櫻井熱愛と政界進出の関連
  3. 藤ヶ谷、4月期フジ日9ドラマ出演
  4. 嵐・櫻井熱愛報道で炎上中
  5. NEWS・小山の交際疑惑女性、事務所解雇に

カルチャーの人気記事

  1. 「Domani」結婚企画、誰も結婚できなそう
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  4. 瓜田が『ハイロー』『おそ松』を斬る
  5. 閉経への期待が高まる「快楽白書」

海外ゴシップの人気記事

  1. アカデミー賞でもジミーVSマットは健在
  2. ブリトニーの非公認自伝映画が炎上中
  3. メリル、ドレスをめぐる誤解に激怒
  4. ザ・ウィークエンドの新曲がエグい!
  5. マザコン? 奇声? 伝説に残るアカデミー賞スピーチ