芸能ニュース、ジャニーズ、嵐の最新情報やタブーを配信するサイゾーウーマン

isansouzokuHP.jpg
『遺産争族』(テレビ朝日系)公式サイトより

 初回14.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と好スタートを切ったドラマ『遺産争続』(テレビ朝日系)の視聴率が、第5話で9.3%と2ケタを割ったことがわかった。主演の向井理は「全コケ」「ヒット作がない」と数字が獲れないことで有名だが、今作も案の定『S‐最後の警官‐』『サマーレスキュー~天空の診療所~』(ともにTBS系)といった過去の主演ドラマ同様、“期待はずれ”という評価をされてしまったようだ。

 同作は、遺産をめぐる一族の争いを描いたホームドラマで、向井は葬儀社の社長令嬢に婿入りする研修医を演じている。共演には、ヒロイン役を務める榮倉奈々、伊東四朗、岸部一徳、余貴美子ら豪華俳優陣が揃っているが……。

「『遺産争族』の放送枠は、過去に『ドクターX~外科医・大門未知子~』『アイムホーム』など人気作ばかりを放送していたテレ朝の“鉄板枠”だけに、第2話と第3話が10.5%、第4話が10.1%、そして第5話で1ケタ陥落というのは、やはり期待はずれ。第5話放送時、裏で『世界野球WBSCプレミア12』日韓戦が25.2%を獲った影響もあるでしょうが、やはり2ケタは是が非でもキープしたかったところです。向井は過去の主演ドラマでも、初回の数字はいいのにジリ貧になっていくというのが定番で、今回のドラマでも同じような推移を見せています。ドラマの視聴率は、良くても悪くても、主演とプロデューサーの力によるものと評価されますから、業界内では『向井の力量では健闘できなかった』といわれているんです」(芸能記者)

 向井といえば、昨年、国仲涼子と結婚したことで、「人気が落ちた」ともいわれている。

「塩顔ブームの火付け役となった向井ですが、国仲との交際を一時は『ないですね』と否定したにもかかわらず突然結婚したことで、ファン離れを加速させたのは事実でしょう。向井は2日に発表されたマッチングエージェント調べの『結婚したい男性芸能人ランキング』で第2位に選ばれましたが、若手塩顔男子・坂口健太郎などの登場により、そのポジションが奪われつつあります。演技力も、同世代の俳優に比べて特別達者というわけではないため、向井は今後“自分にしかできない何か”を探さなくてはならないと思います」(同)

 『遺産争族』に関するネットユーザーの声を見てみると、「向井よりも、個性派俳優・鈴木浩介に世間の注目が集まっている様子がよくわかります。『鈴木浩介ハマり役!』『鈴木浩介の出番増加して』など、鈴木の出番を今か今かと待ちわびている視聴者は多いです」(同)という。向井には、そろそろ主役のプライドを見せてほしいものだが……。

オンナの[裏]掲示板 新着コメント
    関連リンク

    サイゾーウーマンはジャニーズ(嵐、関ジャニ∞、Kis-My-Ft2、Hey! Say! JUMP、SMAP、KAT-TUNなど)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューや人気連載陣によるコラムなども充実!