【うわさの会見場から】

ざわちん、上島との“キス芸”に「中途半端」! 微妙なリアクションで「会見はしらけムード」

2015zawachinmix.jpg
『らぶmix powered by ざわちん』/one hundred love Records

 有名人のものまねメークで知られるタレント・ざわちんが2日、映画『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』のMovieNEX・デジタル配信記念イベントに、ダチョウ倶楽部とともに出席した。ざわちんは映画で、米女優スカーレット・ヨハンソンが演じているブラック・ウィドウのものまねメークとコスプレで登場。ダチョウ上島竜兵の十八番である“口論したあとにキスで仲直り”というお馴染みキス芸に、マスク越しに応じた。本人たちは盛り上がっている様子だったが、会場ではこのやり取りに冷めた空気が漂っていたという。

「ざわちんは板野友美のものまねメークで大ブレークしましたが、その後はネット上で、写真の加工疑惑などマイナスの話題が噴出、最近では新作ものまねメークのクオリティーが下がってきたとも言われています。バラエティでは、亡くなった双子の姉、生き別れになった姉についてなど、プライベートのネタを次々告白していましたが、もはやネタも尽きてしまった印象です。そんな中での今回のキス芸に、マスコミも『話題作りに必死すぎる』と呆れ気味でした」(ワイドショースタッフ)

 今年6月、元AKB48の野呂佳代が上島のキス芸に応じて話題になったことから、マスコミ関係者の中には、「ざわちんもその流れに乗っかりたかったのでは?」と語る者もいたという。

「確かに上島と野呂のキスシーンは、ワイドショーで何度も放送され、注目を集めました。ただ野呂は、普段からバラエティで活躍していますし、上島とは同じ事務所。キスも唇に直接受け、直後は両手で顔を覆い本気で恥ずかしがっている様子で、プロ根性が伝わるものでした。一方、ざわちんはマスク越しと中途半端だった上、リアクションは『アハハハ』と笑いながらの棒立ち。ネタ切れのタレントがよく考えもせずに、ただ野呂をマネただけというのが丸見えでした」(同)

 また、本業のものまねメークにも「正直、スカーレット・ヨハンソンにはまったく似ておらず……。本人は『似てますよね? しっくりきてません? 街で写真求められる自信ありますもん』と自信満々だったので、困ってしまいました」(スポーツ紙記者)と辛らつな意見が。

 ざわちんの迷走は、報道陣にも困惑を与えているようだが、今後再ブレークにつながる話題を作ることができるのだろうか?

竜ちゃん、キス芸の間口を広げすぎ~!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  2. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  3. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  4. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  5. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  6. 新春ジャニオタ放談
  7. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  8. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  9. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  10. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  11. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  12. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち
  13. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  14. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  15. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  16. “もう終わった”イケメン俳優3人
  17. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  18. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  19. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  20. 『カルテット』視聴率左右するシーン

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. 『カウコン』意外な舞台裏
  5. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー