ゴリ押しポイントがズレまくり?

斎藤工、『オトナ女子』のベッドシーンに「飽きた」! フジの“エロ要員”起用も低迷の原因?

otonajyoshi.jpg
『オトナ女子』(フジテレビ系)公式サイトより

 第1話から視聴率9.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と、1ケタを記録してしまった篠原涼子主演ドラマ『オトナ女子』(フジテレビ系)。『アンフェア』『ラスト・シンデレラ』(同)など、主演ドラマは軒並み高視聴率を記録してきた篠原だけに、今作で“失速した”と話題になっているが、主人公の“年下ヒモ彼氏”役である斎藤工にも、視聴者から批判の声が出ているようだ。

「斎藤は同ドラマで、篠原をベッドに引きずり込むといったセクシーシーンを連発していますが、『最近こういう役ばかり』などと、視聴者は斎藤の“エロ売り”に食傷気味のようです。斎藤といえば、昨年フジで放送され、最高視聴率16.7%を記録したドラマ『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』で、主演の上戸彩と不倫関係になる教師を演じて大ブレーク。これに味をしめたのか、フジは再びセクシーシーン満載の医療恋愛ドラマ『医師たちの恋愛事情』の主演に斎藤を起用しましたが、視聴率は全話平均8.5%とパッとせずでした。にもかかわらず、フジがまたもや『オトナ女子』で、斎藤を女性視聴者ウケを狙った“エロ要員”として起用したため、視聴者からは『もういいよ』などと飽きられてしまったにでは。これも視聴率低迷の大きな理由だと思いますよ」(芸能ライター)

 そんな斎藤は、来年1月クールから、日本テレビの『臨床犯罪学者 火村英生の推理』で窪田正孝とW主演を務めるという。斎藤にとっては“脱セクシー路線”となりそうな同ドラマがヒットすれば、「フジが斎藤の使い方を間違えていたことが証明される」(同)との意見も。

「日テレのドラマに出演経験があまりない斎藤ですが、原作がファンを多く抱えている人気推理小説であること、またドラマ『デスノート』(同)で快進撃を見せた旬の俳優・窪田がW主演ということから、関係者は『視聴率は安定しそう』と考えているようです。斎藤本人も、“エロ売り”で一発屋になることを恐れている発言をしていましたし、『火村英生の推理』で新たな魅力を見せてくれるとよいのですが……」(同)

 『オトナ女子』は第1話から第4話まで、視聴率が2ケタに乗ることはなく、かなり苦戦をしている状態。フジの亀山千広社長が「涼子ちゃんがあまりに美しすぎるのでイタくないんですよね」と語り、ネット上では「それは違う」と非難が噴出したが、斎藤の“エロ売り”ももはや「的を射ていない」のかもしれない。

斎藤工以外にも脱がせてほしい俳優はごまんといるから!!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 韓国大企業の汚職を暴くドラマが話題
  2. アンチ急増中miwaの業界評
  3. 小嶋陽菜、乃木坂に激怒のワケ
  4. 芸能人衝撃のマタニティフォト集
  5. 村主章枝、フルヌード解禁も苦情殺到
  6. マスコミ騒然となった「GACKTへの質問」
  7. “老害”扱いのAKBメンバー3人
  8. 松田龍平妻の不倫相手探しが激化!
  9. 30代以上のプチプラコスメはアリナシ?
  10. 不幸が続く山口智充の不運
  11. 「Domani」結婚企画、誰も結婚できなそう
  12. 安藤美姫、ビキニ姿にアンチ爆発
  13. NEWS・小山、交際女性が発覚か
  14. 幸福の科学“守護霊”の語る言葉
  15. 小嶋陽菜、卒業コン規模に見る人気低下
  16. のどちんこに勃起するLLサイズの巨根男
  17. 実力Jr.仲田拡輝、退所か
  18. 黒木瞳が視聴者をイラつかせる理由
  19. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  20. “もう終わった”イケメン俳優3人

ジャニーズの人気記事

  1. NEWS・小山、交際女性が発覚か
  2. 実力Jr.仲田拡輝、退所か
  3. ジャニーズ人気Jr.が3人退所
  4. 今井翼、中居マネジャーについて言及
  5. 評判のいいJr.と悪いJr.を調査

カルチャーの人気記事

  1. 「Domani」結婚企画、誰も結婚できなそう
  2. 「いい病院」特集に、主治医との恋バナ!?
  3. 義母の金を搾取しまくり介護は拒否!! 義姉さん、あなた人間の心持ってますかぁー?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所

海外ゴシップの人気記事

  1. ブリトニーの非公認自伝映画が炎上中
  2. ザ・ウィークエンドの新曲がエグい!
  3. C・ブラウン、ボクシング対決を放棄
  4. ビヨンセ、夫の浮気の怒りをアルバムにぶつける!
  5. 50セントが半年で25億円の債権を返済できたワケ