[女性誌速攻レビュー]「VERY」11月号

「女子」という言葉をさらりと使う――「VERY」ママの分析記事から見えた、読者たちの顔

「女子」という言葉をさらりと使う――「VERY」ママの分析記事から見えた、読者たちの顔

「VERY」2015年11月号(光文社)  今月の「VERY」(光文社)には、『紋切型社会――言葉で固まる現代を解きほぐす』(朝日出版社)で2015年のドゥマゴ賞を受賞した武田砂鉄さんの「VERY聖地ルポ」という異色のページが注目です。その文字数はなんと9,000文字。著書で、世にあふれる“決まり文句”から現代社を批評したライター・武田さんは、「VERY」と「VERY」読者、そして「VERY」の聖地をどう見るのでしょうか。 <トピック>...



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

関連キーワード

「女子」という言葉をさらりと使う――「VERY」ママの分析記事から見えた、読者たちの顔のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! VERY女性誌速攻レビューのニュースならサイゾーウーマンへ!