[女性誌速攻レビュー]「VERY」11月号

「女子」という言葉をさらりと使う――「VERY」ママの分析記事から見えた、読者たちの顔

very201511.jpg
「VERY」2015年11月号(光文社)

 今月の「VERY」(光文社)には、『紋切型社会――言葉で固まる現代を解きほぐす』(朝日出版社)で2015年のドゥマゴ賞を受賞した武田砂鉄さんの「VERY聖地ルポ」という異色のページが注目です。その文字数はなんと9,000文字。著書で、世にあふれる“決まり文句”から現代社を批評したライター・武田さんは、「VERY」と「VERY」読者、そして「VERY」の聖地をどう見るのでしょうか。

<トピック>
◎VERY聖地ルポ
◎冬のママには3つのコートが必要です!
◎子どもがいるとあきらめる服を、秋はあきらめない!

■客観視されたがる「VERY」読者の心理

 武田さんがまず訪れた「VERY」の聖地は「二子玉川」でした。そこには、夏限定の遊び場「NATSU‐NIWA」という場所が開放されていて、子ども連れのママ友たちが、写真を撮ってはSNSにアップしていたとのこと。その姿を見て、武田さんは、「写真を確認し合うようにママ友たちが『いいね!』を押し続けているのだとしたら、こちらは『大変だね!』ボタンを押したくなるのだが、そんなボタンは存在しない」と辛口です。

 ほかにも、蔦屋家電の2階にあるソファーに座る、いかにも「VERY」ママたちの口から、「やっぱり女子力なのかなあ」という言葉が出たことに対し、武田さんは、「VERYのママたちは、巷に流れる『女子』の乱用に嫌悪感を覚えているのではないかと思っていたが、『やっぱり女子力なのかなあ』との発言からテンションが数段階アップした」と語ります。その理由は、「VERY」の誌面での一人称は「ママ」なのに、読者は「女子」をさらりと使う。そこに、「VERY」の「重層性」があるのかもしれないと気づいたからのようです。

 このように、武田さんによって、“紋切型”ではなく、ときには冷笑的にも感じられる分析が次々と繰り出されます。もちろん筆者は、「VERY」の読者ではあるけれど、「VERY」が想定する読者からはかけ離れているからこそ、この分析を面白く感じるのですが、実際の「VERY」読者はこれを読んでどう感じるのでしょうか。

 勝手に読者の気持ちを想像すると、悪くないのではないかと思うのです。例えば、占い師に自分のことをズバリと当てられるのは、なぜか気持ちが良いもの。それが、悪いことであっても、「そうそう、私、実はそういうところがあるの」という妙なうれしさがあるのではないでしょうか。この武田さんの指摘にも、似たような効果があると感じます。

 もちろん今までも、今回のような「VERY」読者の痛痒いところを指摘する読み物ページはありましたが、武田さんの登場で、「VERY」におけるそういった側面が確立されたような気がしました。

とにかくシャネルなハイヒールモモコの生き方は難しいのね

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  2. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  3. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  4. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  5. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  6. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  7. ムショ飯はうまいのか?
  8. 新春ジャニオタ放談
  9. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  10. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  11. 違法ギャンブルにハマる危険な芸能人
  12. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  13. “もう終わった”イケメン俳優3人
  14. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  15. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  16. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  17. 若い男を恋愛対象にするのをやめたい
  18. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  19. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  20. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 工藤静香、SMAP騒動に言及

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー