スライドショー

平子理沙、ベッキー、窪塚洋介ら……大絶賛&批判噴出の芸能人“仮装&コスプレ”画像集

 日本でもすっかり定着したハロウィン。その市場規模はバレンタインデーを上回るほどと言われており、各地で盛大なお祭りムードが漂っている。しかしその盛り上がりは、秋の収穫を祝う宗教的な意味合いもさることながら、アメリカでの「子どもが魔女やお化けの格好をして各家にお菓子をもらいに行く」「かぼちゃの中身をくり抜いて『ジャック・オー・ランタン』を作って飾る」といった風習を度外視した、仮装&コスプレお祭り大会になっていることも確か。もちろん、目立ちたがり屋の芸能人たちも、ハロウィンに合わせて思い思いの仮装を楽しんでいる。むしろ、ハロウィンでないにもかかわらず、突発的に仮装をする芸能人も少なくない。そこで今回は、ブログやSNSでアップされた芸能人のコスプレ画像を選りすぐってご紹介しよう。

大絶賛&批判噴出の“仮装&コスプレ”画像集

1/

img01
img02
img03
img04
img05
img06
img07
img08
img09
img10

img01
img01
img02
img02
img03
img03
img04
img04
img05
img05
img06
img06
img07
img07
img08
img08
img09
img09
img10
img10

窪塚洋介&PINKY

離婚した元嫁&息子、彼女PINKYと共に宮古島旅行に行ったことが話題になった窪塚洋介。昨年のハロウィンでは、PINKYとともに2人のルックスを生かした高いクオリティの『ジョジョの奇妙な冒険』(集英社)ジャイロ・ツェペリ(窪塚)&空条徐倫(PINKY)のコスプレを披露し、「相変わらずブレてないな」「さすがキング」といった声がネットユーザーから上がった。PINKYのおまたから出ているピースがどちらの手なのかは気になるところだ。(PINKYオフィシャルブログより)

益若つばさ

「カリスマ詐欺」と有吉弘行氏に野次られるほど、かつての人気ぶりに陰りが見えてきた益若つばさが、2012年のハロウィン時期にTwitterに投稿したのは、なんとも「これじゃない感」が漂うセーラームーン風コスプレ姿。美少女戦士に似つかわしくない、ガード下の飲み屋街と思しき撮影場所も相まって「自己表現の何かが根本的にズレている」といった厳しい声も。(益若つばさついっぷるより)

林真理子&勝間和代

乙武洋匡氏のTwitterに投稿された、大御所知識人による衝撃コスプレ画像。林真理子氏の謎ポージングに、ネット上では「きゃりー(ぱみゅぱみゅ)だから“きゃいーん?”」と全身でダジャレをやっているのではないかと大爆笑の嵐だった。また勝間和代氏はレディ・ガガに挑戦。テレビ出演時、普通にしゃべる姿が「ジェームス・ブラウンにそっくり」とネットで騒がれたが、このコスプレに関しては「誰かに似せようとする方が似なくなる」と話題に。(乙武洋匡公式Twitterより)

矢口真里

PC用ゲーム『少女とドラゴン~幻獣契約クリプトラクト~』の完成披露会の際に、声優を務めたキャラ「水兵シャロル」姿で登場した矢口真里。調子に乗って披露した往年の持ちネタ「セクシービーム」が引き金となり、ネット上では「視界にも入れたくない」「本当に出てこないで」という批判が噴出したとか。かつてのモー娘。ファンにとっては苦々しいコスプレになったのかもしれない。(矢口真里オフィシャルブログより)

平子理沙

昨年のハロウィンでバニーガールの仮装をしたのは平子理沙。ネット上では「唇に合わせて全てのファッションを考えていそう」「ただのおばQ」と、首から下のセクシーな格好よりも、はちきれんばかりの真っ赤でドでかい唇にコメントが集中。40歳を過ぎた上、決して暖かくはない初冬間近でのこの肌の露出に、「吉田栄作から白Tシャツ借りればいいのに」と心配する声も。(平子理沙オフィシャルブログより)

杉浦太陽&辻希美

杉浦太陽は昨年、妻・辻希美とのギャグ路線コスプレのツーショットをブログにアップ。しかし、メイクというよりただの落書きのようなボディペイントが目立ち「子どもがふざけて描いたのかな」「ドンキで買ってパパっと済ませた感がすごい」「笑えるわけでもないし可愛いわけでもない」と、複雑さを感じたというネットユーザーも多かったとか。(杉浦太陽オフィシャルブログより)

田中聖

ジャニーズ事務所を退所し、性にも趣味にも精を出していると話題の田中聖が『ワンピース』(集英社)のトラファルガー・ローに扮した。その高いクオリティは好評だったが、Twitterで出会ったコスプレ好きの一般女性をナンパしているウワサも絶えないため、自撮り写真をリプライする根強いファンが多いのも事実。ネットユーザーからは意外にも「今の方が輝いている」といった声も。(田中聖公式Twitterより)

ベッキー

「これだけぬるいコスプレならアップしない方がマシ」と言われているのが、3年前にベッキーが披露したAKB48のコスプレ。プリクラを撮りに行ったこともさることながら、「プラス100円で衣装を借りた」というTwitterの記述にダサさを感じる人は少なくないようで、「『本家より可愛い!』って言われるのを期待してそう」と手厳しい声が多かった。(ベッキー公式Twitterより)

GLAY・TERU

一時期、激太りが話題になったGLAY・TERUだが、『宇宙海賊キャプテンハーロック』(秋田書店)のハーロックに扮した写真をTwitterにあげるやいなや「やっぱりかっこいい!」と称賛の嵐に。頬にあしらった傷メイクも完成度の高さがうかがえる。むしろ加工がうまいのではと疑わしいところだが、ビジュアル系の大御所としてのイケメンぶりを遺憾なく発揮した。(TERU公式Twitterより)

デヴィ夫人

番組の企画で披露したセイウチ姿をブログでアップしたデヴィ夫人。番組の指示を忠実に聞いたであろうその姿に、ネットユーザーからは「ただただ可愛い」「目がマジなのがツボ」と絶賛のコメントが。夫人はこれまでにも、『あまちゃん』(NHK)や女豹のコスプレをしており、「人を笑わせるポイントをわかってる」「余生楽しみすぎ」といった声もある。(デヴィ夫人オフィシャルブログより)

ガールズバークオリティなベッキーのAKBコス

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  2. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  3. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  4. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  5. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  6. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  7. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  8. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  9. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  10. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  11. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  12. 新春ジャニオタ放談
  13. 『カウコン』意外な舞台裏
  14. 婚約中の浮気も不倫と同じ?
  15. “もう終わった”イケメン俳優3人
  16. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  17. 『べっぴんさん』紀夫人気が暴落?
  18. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  19. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち
  20. マツコとSMAP間に不穏な空気?

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 新春ジャニオタ放談
  3. 『カウコン』意外な舞台裏
  4. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  5. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 性暴力に遭った女性は繰り返し遭う
  3. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  4. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  5. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー