売れてよ、井森!

井森美幸、再評価の声高まる!? 批判殺到のラジオ番組救った“芸歴30年”のバラエティ力

imori20151026.jpg
井森美幸公式プロフィールより

 今年でデビュー30年。ベテランタレント・井森美幸が、ラジオでその実力をまざまざと見せつけた瞬間が先日あったという。それは19日、フリーアナウンサーの赤江珠緒をメインパーソナリティとする平日昼の帯番組『たまむすび』(TBSラジオ)で起きた。

「数週前から、この番組では『バンドやろうぜ!』という企画が進行していました。これは、赤江アナがバンドを結成しようと、リスナーの中からメンバー(条件はノンプロ)を決めるというオーディション企画です。これまでサックス(赤江担当)のほか、ベース、ギター、キーボード担当は決まっていたのですが、19日からスペシャルウィーク、つまり聴取率調査週間がスタートしたということもあり、生放送中にボーカルを決めるイベントをこの日に持ってきたようです」(芸能ライター)

 その特別審査員として、『ホリプロスカウトキャラバン』という一大オーディションでグランプリに輝いた井森がゲストとして出演。ボーカルの最終候補に選ばれた5人のリスナーによる生熱唱に、赤江アナ、さらには月曜パートナーのカンニング・竹山隆範と共に聞き入っていたのだが……。

「ちなみに課題曲はザ・チェッカーズの『涙のリクエスト』でしたが、この企画はネット上を見る限り、かんばしいものではなかった。例えば、『たまむすび、スペシャルウィークじゃなかったっけ?? ちょっと素人カラオケみたいの気持ち悪くて聞いていられない』『素人カラオケが延々流れてて恐ろしくつまらない』『素人の下手な歌が延々と流れてきて、顔を見合わせて失笑』などと、必ずしも好意的とはいえない意見が並んでいました」(同)

 確かに、姿かたちもわからないまま一般人の歌声を聞くというのは、さながら隣のカラオケボックスから流れてくる歌声を聞くようなもの。しかし、そんな企画の甘さをカバーしたのが、それぞれの出場者が熱唱した後の井森のコメントだった。

 井森は「アレンジを利かせてて、ワルっぽい感じがいいですよね」「すごく優しい歌声でしたね」、さらには唯一の女性エントリー者の歌声には、「なんかね、力が抜けてて、脱力系の歌声がいいなと最初思ってたんですけど、途中から力強くなってその強弱というか、緩急のつけどころがいいなと思いました!」と歌手出身ならではの具体的で的確な講評を連発。

 一方、今回のプロジェクトの発案者であるはずの赤江アナのコメントは「独特の魅力がありましたね」「素敵ですね」「いやいやいや、なかなかだなと思いましたね」など、ぼんやりとしたコメントを繰り返すばかりだった。

「相手を気持ちよくしながら、自分のポイントも上げるという井森の高等コメントテクに、芸歴の長さを感じましたね。また、最終的に正式メンバーが決まる直前には、『私もドキドキしてるんですよ! これでバンドが決まっちゃうわけでしょ!? 生で聞くとまたいいんですよ~。それぞれ味があって皆さんが。(ボーカルの最終候補である)5人でバンドを組んでほしいくらい』とこれまたイヤミなく発言し、正式メンバー決定前のクライマックスを大いに盛り上げていました」(芸能プロダクション関係者)

 さらに今回のオーディション直前には、「今日、私、声出るかな、ア~」とノドの調子を確認、“飛び入り参加”しようとするフリでひと笑いを起こす一幕も。また課題曲が「涙のリクエスト」だと知ると、いきなり「涙~の~」と歌い出してパーソナリティに止められ、「特別審査員として(井森さんを)呼んだ」と言われると、「ロープー(プロ)の目でしっかりと審査します!」と、もはや誰も使わない業界用語で切り返すという、まさにプロのタレントぶりを見せつけていたという。

「最終的に、赤江ら出演者の意見とリスナーによるメール投票を加味してボーカルが選ばれたわけですが、結局、井森のバラエティ対応力が一番印象に残りましたね。業界でも井森にあらためて注目する人が増えているようです」(同)

 ひょっとすると、井森美幸の黄金時代が再来する!?

“第二の井森”より“井森”をチヤホヤしてあげて!!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

井森美幸、再評価の声高まる!? 批判殺到のラジオ番組救った“芸歴30年”のバラエティ力のページです。サイゾーウーマンはジャニーズ(嵐、SMAP、TOKIO、KinKi Kids、V6、NEWS、関ジャニ∞、KAT-TUN、Hey!Say!JUMP、Kis-My-Ft2、Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューやコラム、インタビューなども充実! 井森美幸・芸能ウラ情報のニュースならサイゾーウーマンへ!

アクセスランキング

  1. 「演技うまくなった」と好評の大根役者
  2. 櫻井翔「顔パンパン」問題を高須が斬る
  3. 『PとJK』、空前絶後の大コケ
  4. NEWS・小山、元カノは「元AKB48」
  5. NEWS・小山、ツーショット写真流出
  6. Jr.西畑、公演中に昏倒しファン衝撃
  7. 土屋太鳳、ぶりっ子暴露で炎上
  8. 綾瀬はるかはギャラ泥棒!?
  9. 『べっぴんさん』最終回目前も酷評
  10. G・パルトローのサイトでセックス特集
  11. 森友学園問題を報じる「週刊女性」
  12. アレク、不倫カーセックス写真は序の口!?
  13. 2世議員に覚せい剤使用のウワサ!
  14. 城島謹製・ヌタウナギ燻製が好評
  15. 綾瀬はるか、今後フジには出ない!?
  16. 少女が初めて異性に体を差し出す瞬間
  17. 小山&横尾の炎上、上層部知らない!?
  18. プウ美ねえさん流体重キープ術
  19. バツ3でも幸せになる方法
  20. 平愛梨&祐奈、姉妹揃ってアンチ急増

ジャニーズの人気記事

  1. 『PとJK』、空前絶後の大コケ
  2. NEWS・小山、元カノは「元AKB48」
  3. NEWS・小山、ツーショット写真流出
  4. Jr.西畑、公演中に昏倒しファン衝撃
  5. 城島謹製・ヌタウナギ燻製が好評

カルチャーの人気記事

  1. 2世議員に覚せい剤使用のウワサ!
  2. バツ3でも幸せになる方法
  3. おばちゃんから「トイレ禁止」の嫌がらせ
  4. 愚かなお笑い芸人化した東村アキコ
  5. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら

海外ゴシップの人気記事

  1. G・パルトローのサイトでセックス特集
  2. 大金持ちと結婚した女性セレブ
  3. エミネム、薬に替わる新たな中毒
  4. 私たちが知らない『クリミナル・マインド』の7つのこと
  5. ケシャ、スッピン撮られて1日でディーヴァに変身