紀香、本当に結婚しちゃうの?

「跡継ぎ問題」「芸能界引退」――藤原紀香、“梨園の妻”になるための障壁とは?

hujiwaranorika04.jpg
人生最高潮のノリノリ期到来中

 結婚秒読みといわれている女優の藤原紀香と歌舞伎俳優の片岡愛之助が先日、婚前旅行のため沖縄を訪れたと報じられた。実際に結婚ということになれば、紀香は“梨園の妻”となるが、さまざまな問題点を指摘する声が、業界人の間から上がっているという。

「まず出てくるのは、お世継ぎ問題ですね。梨園の妻には、跡継ぎとなる男の子の出産が求められます。しかし、44歳という彼女の年齢を考えれば、かなり難しいのではないでしょうか。かつて、尾上菊之助と交際していた江角マキコが結婚に至らなかったのも、当時江角が35歳で、跡継ぎ問題がネックになったからといわれています。ただし、愛之助さん自身が養子であるため、血縁は重視していないのかもしれません」(芸能プロダクション関係者)

 梨園への嫁入りは、伝統や家柄、世間体、ご贔屓筋の意見などに左右される面がある。紀香の陣内智則との離婚歴は、嫁入りに影響しそうだが……。

「それでも彼女は、世界を股にかける社会奉仕活動などを行うアグレッシヴな行動力を持ち、逆境に負けない強いメンタルも持っています。“梨園の妻”に求められるプレッシャーはクリアーできるのではないでしょうか。ついでに言えば、グラマーな体形は和服が似合いそうですしね」(同)

 しかし、そのアグレッシヴさがアダとなる可能性も否めない。梨園の妻に求められるものは、夫を陰ながら支えるという昔ながらの女性像で、「市川海老蔵夫人の小林麻央は、まさに理想的な姿」(同)という。さらに結婚後は、芸能活動から完全引退するのが、これまでの梨園の妻の慣習であった。

 紀香は愛之助との結婚後も、芸能活動を継続すると見られている。ただし、中村橋之助夫人の三田寛子なども、結婚後芸能界を引退するも、妊娠・出産を経て、子育てが一段落したのち復帰を果たしている。守旧的であった梨園も、現代の価値観に合わせて変わりつつあるのかもしれない。何はともあれ、紀香には幸せになってもらいたいものだが――。
(平田宏利)

紀香のスピ信仰が報われてほしいような、ほしくないような

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  4. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  5. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  6. “消えたAKB48”河西智美は今
  7. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  8. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  9. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  10. “もう終わった”イケメン俳優3人
  11. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  12. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  13. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  14. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  15. ママ友に「マジおばさん」って笑われた……
  16. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  17. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  18. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  19. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  20. 他人の記事をパクるのはこんな人

ジャニーズの人気記事

  1. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  2. マンガ『ヅャニーさん』34回
  3. 森且行、SMAP存続ステッカー貼付の真相
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 新春ジャニオタ放談

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!