スケート界激震!!

「教え子の胸揉む」小塚崇彦の父、強制わいせつ疑惑! トラブル頻発フィギュア選手の親たち

2015odukatakahiko.jpg
『ステップ バイ ステップ』(文藝春秋)

 またしても有名フィギュアスケート選手の家族をめぐる、スキャンダルが勃発した。フジテレビアナウンサー・大島由香里との婚約を発表、現役続行を表明して11月のGPシリーズにも出場する小塚崇彦の実の父親が、教え子だった女子大生への強制わいせつ疑惑から裁判沙汰になっていると、6日発売の「週刊女性」(主婦と生活社)が報じている。

 記事によると、元五輪代表選手で、現在は指導者の小塚の父・嗣彦氏は、2012年、選手育成にあたっていた中京大学の教え子(当時)である女性を自宅に招き入れ、胸を揉んだり強引にキスをするなどわいせつ行為に及んだという。かねてから女性関係が派手だったと伝えられる嗣彦氏は、妻と長年別居生活を続けており、事件についても関係者の間では以前からウワサになっていたそうだ。嗣彦氏は、一度被害者やその家族に謝罪しているが、現在の弁護士が付いて以降「食事は女性から誘ってきた」などと態度を一変させたため、民事訴訟で係争中だという。

「7月には、浅田真央の父親が、交際相手への暴行容疑で逮捕されていたことが『週刊新潮』(新潮社)で報じられました。浅田は、今月3日のジャパン・オープンで休養から復帰することが決まっていただけに、『身内のスキャンダルはメンタル面への影響が懸念される』と心配の声が飛び交っていましたね」(スポーツ紙記者)

 フィギュアスケート選手の両親をめぐっては、ネガティブな報道が絶えない状況が続いている。羽生結弦の母親は「チャクラの仙人」と呼ばれる謎の柔道整復師に傾倒しており、また静養中に仕事を強要されたとして、日本スケート連盟と“断絶状態”であることが一部週刊誌で報じられた。

「安藤美姫の母親も、各メディアに対して高圧的な態度を取るばかりか、連盟に対して『スケート界に貢献した』と、テレビの仕事を斡旋するよう要請していたことも報じられました」(同)

 しかし、なぜフィギュア選手に限って、こうも身内のスキャンダルが頻出するのだろうか?

「羽生と安藤の母に関していえば、もともとスケートは、スケジュールや金銭的な面から、家族との二人三脚が必須のスポーツということもあり、親は子どもに対して過保護となってしまうのかもしれません。彼女らは、『おかしな報道から、なんとか子どもを守りたい』一心なのでしょうが……。ただ、今回の小塚の父に関しては、わけが違う。基本的にスポーツ紙は、現場への出入り禁止などの報復を恐れるため、選手やその関係者のスキャンダルを黙認する傾向が強いため、当人が増長してしまうのかも。結果的に大事件を引き起こし、週刊誌に報じられて初めて、事の重大さに気づくケースもあるのではないでしょうか」(同)

 今後も嗣彦氏と女性の裁判は続いていくこととなりそうだが、小塚の競技への悪影響が出ないことを祈るばかりだ。

日本フィギュア界のサラブレッドの父が……

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  4. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  5. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  6. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  7. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  8. “消えたAKB48”河西智美は今
  9. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  10. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  11. “もう終わった”イケメン俳優3人
  12. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  13. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  14. ムショ飯はうまいのか?
  15. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  16. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  17. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  18. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  19. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  20. 新春ジャニオタ放談

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  3. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  4. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  5. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  3. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!