同棲報道の嵐・大野智にファン大暴走! 交際相手の親族宅に押しかけ「売名行為やめて!」

ochan09046.jpg
嵐・大野智

 ジャニオタ恐るべし。嵐・大野智が年下の元女優と同棲していることが報じられた当日の午後、なんとその元女優の親族宅に大野ファンとみられる女性2人組が現れたというのだ。

 9月18日発売の週刊誌「フライデー」(講談社)で、大野は10歳年下の元女優との同棲を写真付きで報じられた。これは9月上旬、2人が岩盤浴デートを楽しんだ後、タクシーで大野の自宅マンションへ行ったというもの。記事によると、元女優は過去、ドラマ『ライフ』(フジテレビ系)や映画『リアル鬼ごっこ5』などに出演。アルバイト先の西麻布のバーで客として来た大野と親しくなり、交際に至ったという。芸能活動を休止し、大野のマンションで家事をするなどして支えているというが、大野は記者の直撃に「ちょっと自分、何も言えないっす」と話すと、慌てて去って行ったとされる。

「『嵐』の大野智、10歳年下元女優と本気の同棲愛!全熱撮」

 ファンにとって衝撃のスクープとなった同誌の見出しは、水曜日には一部に知られるところとなり、発売前日にはすでに騒ぎになっていた。そのせいか、相手の女性については出演作や年齢からすぐに「夏目鈴」だと特定され、発売当日に彼女の親族宅にまで足を運ぶジャニオタがいたのである。

 18日の午後、兵庫県内に住む夏目の親族のところに現れたのは、30代半ばとみられる女性2人組。玄関から数メートル離れた門の前で1時間以上もうろつき、気付いた親族が声をかけたところ「売名行為はやめてって言ってください」と叫んだという。この時点で親族は熱愛スクープについてまったく知らず、説明を求めてようやく話が理解できたとのことだが……。

「うちを彼女の実家だと勘違いしていた様子でした。私は親ではないと伝えたんですが『ウソっぽい!』とか捨てゼリフを残して去って行ったんです」(親族)

 まるでストーカーばりの愚行だが、ジャニオタが「売名行為」などと言い出したのには伏線があった。夏目は昨年1月、矢口真里の元夫、中村昌也の「気になる女性」としてバラエティ番組に登場し、番組内で告白を受けるも「バツイチ、ちょっと無理なんで」と拒否。ただ、番組で夏目は「バーの店員」と紹介されるも、芸能活動歴が伏せられていたため「売名行為だ」という批判が集まっていたのだ。おそらく2人のジャニオタは、今回の熱愛スクープをそんな夏目の売名行為ではないかと思ったのだろう。

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク