「大根役者」と呼ばれて……

山崎賢人、『ヒロイン失格』『orange』ほか“少女漫画の実写映画”に出まくりのワケ

yamazakikento_syasin_edited.jpg
『山﨑賢人メモリアルBook「Scene♯20」』(KADOKAWA/角川マガジンズ)

 ドラマ『デスノート』(日本テレビ系)でL役を務めた若手俳優・山崎賢人が、昨今人気少女漫画の実写化ばかりに起用されていると、ネット上で指摘され、話題になっている。

 山崎といえば、今年4月放送のNHK連続テレビ小説『まれ』で、主人公・希の相手役を務めて注目を集め、一気に人気若手俳優に。その一方、昨年4月に剛力彩芽主演で公開された映画『L・DK』をはじめ、9月19日公開の『ヒロイン失格』、12月公開の『orange―オレンジ―』、そして来年公開予定の『オオカミ少女と黒王子』など4作品の少女漫画原作の実写映画に出演し、世間から「カッコイイとは思うけど、さすがに見飽ちゃう」「出ている人が同じだと、どれも同じ映画に見えちゃう」など批判的な声が相次いでいる。

「スターダストがやりがちなゴリ押し商法というのもありますが、主に少女漫画の実写化となると、演技力よりまず、イケメンで中高生人気が高いことが重視されるので、彼はちょうど良い人材なのでしょう。しかしここまで露骨だと、世間が疑問を持つのは当然。『少女漫画実写化俳優』というイメージがついてしまうのは、今後の山崎にとって、あまりよろしくないと思うのですが……」(芸能記者)

 まだ新人ゆえに、「オファーを断れない」という事情もあるかもしれないが、それ以上に問題視されているのが、山崎の演技力だという。13日に最終回を迎えた『デスノート』でメインキャストのL役を演じたものの、視聴者から演技力のなさを指摘されてしまった。

「L役は、現実離れした役柄だったため、演じるのが難しかったようで、視聴者からは『コスプレみたい』『違和感ありまくり』という苦言も出ていました。2006年にLを演じた松山ケンイチがハマり役といわれ、今回共演した夜神月役の窪田正孝も演技派とあって、比較されてしまったのでしょうが、このドラマで山崎=大根役者というイメージが世間に広がってしまったのは痛恨ですね」(同)

 スマッシュヒットを記録した『デスノート』で、はからずもミソがついてしまった山崎。『ヒロイン失格』など、これから公開される映画で、“大根役者”のイメージを払拭できるのか? まさに「今が正念場」なのかもしれない。

1年ちょっとで写真集3冊出してる「写真集俳優」でもある

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  2. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  3. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  4. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  5. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  6. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  7. 新春ジャニオタ放談
  8. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  9. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  10. ムショ飯はうまいのか?
  11. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  12. “もう終わった”イケメン俳優3人
  13. 違法ギャンブルにハマる危険な芸能人
  14. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  15. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  16. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  17. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  18. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  19. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  20. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー