なぜそんなに嫌われる?

水原希子、“ハリウッドが注目”も……日本と韓国でアンチが多いワケ

mizuharakiko.jpg
ネットユーザーを「生意気な嫁に怒る姑」にしてしまう希子

 映画『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』(前編公開中)に出演中の水原希子が、ハリウッドプレミア試写会での歓声を受け、またもともとモデルとして海外でも高い知名度を誇っていることから「国内外から注目を集めている」と「スポーツ報知」に報じられた。しかしその実情は、日本国内、また韓国でアンチが殺到しているようだ。

「水原といえば、“股間アップ”写真や乳首が透けた写真など、インスタグラムに過激な投稿をしては、その度にネット上で物議を醸しています。股間写真への『下品』といった批判に対して、水原は『エロチシズムとアートを下品と勘違いさせている方が多いと思います。これはアートです』と反論。その態度がさらにネットユーザーの怒りを買ったようです」(芸能記者)

 最近では女優活動も増え、ドラマにも多数出演しているが、「今春放送された『心がポキッとね』(フジテレビ系)の全話平均視聴率が6.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことも、『水原が原因』とアンチから声が上がっていました。当然、一概に断定はできませんが、そういった声が出てしまうのは、それだけ水原が嫌われているからでしょう」(同)という。

 水原は国内だけでなく、韓国でもアンチが多いようだ。2010年、BIGBANGのリーダー・G‐DRAGONとの交際が報じられてから、韓国のG‐DRAGONファンからは煙たがられる存在になり、今夏、韓国メディアが2人の破局を報じたときにはファンは大喜びだったという。

「また7月、水原が軍艦島で映画『進撃の巨人』の完成報告会を行ったのですが、背中が大きく開いたミニスカートドレスでセクシーポーズを決めていたことに、韓国のネットユーザーが激しく反応。軍艦島は韓国人に、『第二次世界大戦時、朝鮮人労働者が強制徴用を強いられた場所』と認識されているだけに、韓国人ハーフである水原の行動は『軽率すぎる』と批判が巻き起こったのです」(同)

 水原は、女優デビュー作となった映画『ノルウェイの森』で、「演技力に欠ける」「村上春樹の作品を汚した」として映画ファンからバッシングされたことも。「女優として活動するようになってから、常にアンチがいる状態。当然、日韓のファンも大勢いるが、本人がこの現状に辟易とし、活動拠点を世界に広げる可能性も」(同)という。果たして、水原がハリウッドで活躍する日は来るのだろうか?

ここまで総スカンって、日本じゃアッコか希子かだよ

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク