[女性誌速攻レビュー]「VERY」9月号

「女は顔、男は金」時代の終わりを感じさせる、「VERY」の似たもの夫婦たちとは?

very201509.jpg
「VERY」2015年9月号(光文社)

 今月号の「VERY」(光文社)には、2012年の別冊付録「イイ男はたいがい、人のもの」を彷彿とさせる「あのパパ素敵、の奥さんは やっぱりオシャレ」という、最近の「VERY」にはない、読者を煽るようなタイトルの特集が組まれていました。「VERY世代は、みんな違って、みんな、イイね!」「今月は、頑張らないVERY」など、ここ最近の「VERY」は、人と比べることに躍起になるのはやめましょうといった方向性の特集が多かったのですが……早速読んでいきましょう。

<トピック>
◎あのパパ素敵、の奥さんは やっぱりオシャレ
◎家族でお風呂、夫婦でお風呂のススメ
◎「なんちゃってイケダン」に気をつけて!

■「VERY」夫婦がどんどん似ていく理由

 まず、特集「あのパパ素敵、の奥さんは やっぱりオシャレ」のはじめには、「自分ひとりじゃなくて、“家族単位”で褒められるほうがいまはうれしい。そんな声をよく聞きます」とあります。また、「好きなブランド、今日着る色。最近、“似たもの夫婦”がどんどん増加中」とのことです。

 確かにかつては、心理学者の小倉千加子さんが「結婚は顔と金の交換」と言っていたものですが、今の「VERY」的結婚観では、顔と金の交換は相互にするもの。どちらもほどほどに持った似たもの夫婦でもあることが多くなっていると思います。妻にも経済力を求めるようになったからこそ、夫にも顔……つまりファッション性を求めるようになってもおかしくはないのです。というか、今時、妻と夫のファッションがしっくりしないカップルは、「VERY」らしくに見えませんよね。それだけ、現在の結婚は同質性が求められているのだと思います。

 また、誌面でのちょっとした変化も感じました。実際の“似たもの夫婦”が多数登場しているのですが、妻も夫も年齢とどこに住んでいるかは書かれているけれど、職業は書かれていない。気になってバックナンバーも調べましたが、最近の「VERY」では、一般の方の職業を書くことは、さほど多くないようです。

 かつては、旦那の職業が医師である、会社経営であるということが、「VERY」では重要だった気がしますが、最近はさほど重要視されなくなったようです。もしくは、夫婦でセンスあるファッションに身を包み、住んでいる地域を見れば、「それなりの暮らしをしていることは察しがつくでしょう?」ということなのでしょうか。見た目が階層を語る時代なのかもしれません。

裕福なだけでなく、裕福そうな演出が問われる時代に?

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  2. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  3. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  4. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  5. 『カウコン』意外な舞台裏
  6. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  7. マツコとSMAP間に不穏な空気?
  8. 芦田愛菜、テレ東深夜転落
  9. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  10. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  11. キャラ変え好調の乙武洋匡
  12. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  13. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  14. “もう終わった”イケメン俳優3人
  15. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  16. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  17. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  18. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  19. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  20. さくらまや「別人!?」と視聴者あ然

ジャニーズの人気記事

  1. 『カウコン』意外な舞台裏
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  4. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  5. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  5. 覚せい剤使用体験の天国と地獄

海外ゴシップの人気記事

  1. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. クリス・ブラウンが世紀のボクシング対決
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー