[女性誌速攻レビュー]「DRESS」10月号

「DRESS」が一大リニューアル! 正体不明の新テーマ「つかむ女」が意味するモノ

dress201510.jpg
「DRESS」2015年10月号(幻冬舎)

 一大リニューアルを迎えたという今月号の「DRESS」(幻冬舎)。特集は「つかむ女の全技術。」です。リード文には「『あの女性、最近つかんでいるよね』。そんな言葉が会話に出てくることがある。」と書いてあります。うーん、そんな会話したことないけど、世間的にははやっているのかと思い「最近 つかんで」でネット検索してみました。「最近、つかんでいるものを落としたり、飲み物をこぼしてしまいます、ストレスでしょうか」という20歳の方の相談が一番最初に出てきました。なんだか寂しい気持ちになりました。

<トピック>
◎つかむ女の全技術。
◎DRESS読者のみなさん。「つかむ女」になりたいですか?
◎生涯嫁入り前

■運や縁、友達の心、未来を「つかむ」

 さて、そんな「つかむ女」。一体何をつかむのかというと、己、運や縁、女っぷり、自分の使命、大切な友達の心、未来、スマートなビジネステクニック、人の心と、さまざまな対象物が誌面に出てきました。「何を」がいまいちわからないページもあって、とにかくなんでもかんでもつかむで締めくくり、「つかむ女」という言葉を売り出し中という号です。

 「DRESS読者のみなさん。『つかむ女』になりたいですか?」という緊急編集会議では、「つかむ」という言葉のイメージについて語り合っています。それによると、「能動的」「積極的」「前向き」「自分に必要なものがわかってる」「余裕があって自然体の女性」だそうです。ここでは、まず「つかむ」という言葉ありきで、そのイメージについて語り合っていますが、この様子を読んで想像するに、編集部で「DRESS」にふさわしいキャッチコピーは何かを話し合い、出てきた言葉が「つかむ女」だったのではないでしょうか。「Independent Women」や「DRESSな女」「オヤジョ」といった歴代コピーの代わりに、新生「DRESS」を象徴する言葉になるのでしょうか。

 それにしても「つかむための全技術」を知りたい女って、つまりは今まで全然つかんでいなかったってことなんじゃ……。誌面ではいろんなものをつかんでいて、その秘訣を語るセレブな方々がたくさん登場。一方で読者はつかんでない女たち……なんだか暖かくて明るいビルの中をのぞき込む、かわいそうなマッチ売りの少女のような。

自己啓発に進み始めた「DRESS」、押切もえ登板も間近

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  5. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  6. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  7. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  8. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  9. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  10. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  11. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声
  12. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  13. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  14. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  15. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  16. 『べっぴんさん』新入社員に視聴者熱視線
  17. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  18. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  19. “もう終わった”イケメン俳優3人
  20. トランプ就任式はしょぼくてもOK!

ジャニーズの人気記事

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  3. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  4. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  5. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?

カルチャーの人気記事

  1. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  2. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  3. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. リアーナ、J. Loをアンフォロー
  4. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに
  5. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム