スザンヌ、松たか子以外にもいた!?

堀北真希と電撃婚の山本耕史、まだ報じられていない“元カノ”タレントと口説きの手口

150826shinsen.jpg
『大河ドラマ 新選組!!土方歳三最期の一日』/NHKエンタープライズ

 突然の結婚発表で衝撃を走らせた堀北真希と山本耕史。『とくダネ!』(フジテレビ系)の単独インタビューに応じた山本が「共演中、返信もない手紙を40通送り続けた」「交際期間0日」などと仰天エピソードを明かし、世間からは「山本はまるでストーカー」といった声も噴出している。かねてから“共演者キラー”といわれてきた山本だが、マスコミ関係者の間では、いままで報じられなかった過去の交際情報が飛び交っているという。

 山本はインタビューで、堀北には初対面のときから好意を寄せていたことを告白。6年前に共演したドラマ『アタシんちの男子』(フジテレビ系)で堀北と知り合った山本は、当時、連絡先さえ教えてもらえなかったものの、その後共演する度にアプローチを仕掛けたという。

「彼はとにかく女性に積極的で、出演作品の中で女性共演者に手を出さなかったことは皆無なのでは。女優どころかスタッフにまでアプローチをしているようですからね」(テレビ局関係者)

 今回の結婚に当たっては、松たか子やスザンヌら元交際相手の名前が複数取りざたされている山本。次々と女性を攻め落としていく姿勢は、ある意味潔いものだが……。

「驚いたのは、2007年のSMAP・木村拓哉主演『華麗なる一族』(TBS系)に出演した際、共演の山田優や相武紗季らを片っ端から口説き、最後には吹石一恵と交際していたとのこと。スタッフの間でも、山本の行動力やバイタリティに尊敬の声さえ出ていましたよ」(同)

 山本は、驚異的なフットワークとマメさ、そしてトークで女性を落としていくようだが、「堀北に思いを寄せていた」とされる時期にも、当然交際相手が何人もいたそうだ。

「自身が主演と演出を手がけたミュージカル『チック、チック…ブーン!』では、ヒロイン役に抜擢されていた石田純一の長女・すみれを口説き落として交際していたとか。すみれには当時、俳優の交際相手がいたものの、別れるかどうか悩んでいた時期だったそうで、『つらい思いはさせないから』という山本の口説きになびいたようです。ほどなくして両者は破局してしまいましたが、山本は女性の心の隙間に入り込むのが得意なんだな、という印象です」(芸能プロ関係者)

 堀北が結婚を決意した理由について、一部スポーツ紙は「今春交際相手と別れてしまったため」とも伝えている。破局したことによってできた堀北の心の穴を埋めたのが、ちょうど山本だったという流れだが、「これまでの彼の“女癖”が、結婚したことで一瞬にして消えてなくなるとは到底思えません。新婚生活にも波乱が予想されます」(同)という声も。果たして堀北は、山本の“前科”をどこまで理解しているのだろうか――。

山本耕史に喪黒福造説浮上

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク