一生困らないネタができたね

「もう清純派じゃないから?」AKB48・柏木由紀、フレンチ・キスの解散理由に皮肉の嵐

yukirinnn.jpg
2015年はいろんな意味で柏木元年

 柏木由紀が所属するAKB48の派生ユニット「フレンチ・キス」の解散が、21日に発表された。メンバーの倉持明日香がAKB48を卒業するため、柏木、高城亜樹を含めた3人で話し合い、5年間の活動に終止符を打つことに。11月5日にはさいたまスーパーアリーナでラストライブが行われるという。しかし、ネット上では「柏木と手越のフレンチ・キスが原因だろ」などと解散理由に疑問を持つネットユーザーが相次いでいるようだ。

 フレンチ・キスは2010年、「親に紹介したい3人組」というキャッチコピーで、同じ所属事務所の柏木、倉持、高城の3人で結成されたユニット。結成当初は精力的にCDをリリースしていたが、12年7月に「ロマンス・プライバシー」をリリース後の11月に高城がJKT48に移籍。昨年リリースした「思い出せない花」はフレンチ・キスとして2年3カ月ぶりのシングルとなった。現在は『フレンチ・キスのキス旅2』(テレビ東京)が放映中で、10月に最初で最後のアルバムを発売するという。

 今回の解散発表にあたっては、柏木が6月発売の「週刊文春」(文藝春秋)にNEWS・手越祐也との2ショット写真が掲載された影響により、ネット上には「解散は柏木と手越が原因じゃないの?」「柏木が手越とフレンチキス以上の行為をしたから?」「もう清純派と呼べなくなったメンバーがいるし」といった皮肉が多く書き込まれている。また、実質的に3人での活動は、テレビ以外ほぼ休止状態だったことから「解散のニュースで存在を知った」「まだ解散してなかったんだ」といった声も見られる。

「柏木は手越との関係について、これまで一切の釈明や謝罪を行っていないため、一般人から元ファンまで、各方面から怒りを買っているようです。例えば、柏木が7月12日にTwitterにアップした個別握手会の写真では、『Happy Brithdayゆきりん!』と書かれた横断幕を持ったファンと柏木の距離が『離れすぎ』などと、批判を集めていましたし、また報道直後の記者会見でマスコミからの質問を封じたことでは、メディア関係から大ブーイングを受けました」(芸能ライター)

 報道後、5日ほど更新が途絶えていた柏木のブログやTwitterも、ほとぼりが冷めたと判断したのか、その後は何事もなかったかのように更新を継続。Twitterでは擁護派のファンからの反応やエールに加えて、アンチからの釈明要請が殺到、という図式が現在まで続いている。

「今回のフレンチ・キス解散に関しても、柏木が『今朝の日刊スポーツさんで発表されましたが…フレンチ・キスの解散がきまりました』とツイートすると、ファンから『アルバムもライブも楽しみにしています』とコメントが送られたものの、一部アンチからは『手越とのことを謝ってくれたら、素直に応援できるのに』『スキャンダルで辞めたメンバーにはどう説明するつもり?』といったコメントが寄せられています」

 フレンチ・キスはかねてから「清純派アイドルユニット」と謳われていたため、柏木の一件はアンチからの格好のネタとなってしまったようだ。多くの非難を浴びている柏木は、AKB48と10月に新潟で発足するNGT48との兼任になるが、このままアンチが増え続ける一方なのだろうか?

清純派崩しの祐也という異名がつきそう

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク