剛力彩芽、再評価の声高まる! 上戸彩産休で期待される「オスカーの看板」の任務

gorikki-.jpg
外野の声に動じないマインドはホンモノ

 ビデオリサーチ社のグループ会社・ビデオリサーチコムハウスが「2015年上半期CM出稿秒数ランキング」(関東地区/民放5局)を発表し、2年連続で上戸彩が1位を獲得した。この結果には事務所も手放しで喜んでいると思いきや、上戸が所属するオスカープロモーションに関して言えば、事情は違うようだ。

「かねてから上戸は『30歳までに出産したい』と言っていたようですが、2012年にHIROと結婚したことで、その願望の実現が現実味を帯びてきて、当時、事務所は焦ったようです。上戸はなんといっても、事務所の稼ぎ頭ですからね。後継者を見つけぬままに、彼女が産休に入ったら、大きな損失は免れない。そこで、白羽の矢が立てられたのが、上戸自身が『私に似てる』と太鼓判を押した剛力彩芽でした」(芸能関係者)

 上戸の後継者に祭り上げられた剛力は、過剰ともいえる事務所からのゴリ押しで、ドラマや映画、CMにと、その姿を見ない日がないほどにメディアへの露出が多くなった。だが、その戦略が裏目に出てしまう。「ゴリ押し、うざい!」「もう見たくない!」と、視聴者からの反感を買ってしまったのだ。事務所に言われるがままに、タイトなスケジュールをこなしてきた剛力にとっては、不本意な状況だっただろう。

「謙虚で素直。ビートたけしや明石家さんまといった大御所をはじめ、業界内での彼女の評価はとても良い。毒舌の有吉弘行ですら、彼女のことを『キレイだと思う』とラジオで褒めてましたからね。これから再評価されていくのではないでしょうか。上戸が妊娠を発表して6月から産休に入ったことで、剛力は今まで以上の責任感を背負い、オスカーの看板を担っていくことになるでしょう」(同)

 現在は、同事務所の武井咲が剛力に代わってゴリ押し女優と揶揄され、「2015年上半期CM出稿秒数ランキング」でも7位にランクインしているが、主演ドラマ『エイジハラスメント』(テレビ朝日系)の数字はパッとしない状況だ。「同じゴリ押しでも武井より剛力のほうがよかった」とネット上で声も上がる中、あらためて剛力が支持を得る可能性もありそうだ。

これが世に言う「かわいがり」ってやつですか

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  2. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  3. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  4. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  5. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  6. 『カウコン』意外な舞台裏
  7. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  8. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  9. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  10. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  11. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  12. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  13. “もう終わった”イケメン俳優3人
  14. 婚約中の浮気も不倫と同じ?
  15. マツコとSMAP間に不穏な空気?
  16. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  17. 新春ジャニオタ放談
  18. 『べっぴんさん』紀夫人気が暴落?
  19. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  20. 芦田愛菜、テレ東深夜転落

ジャニーズの人気記事

  1. 『カウコン』意外な舞台裏
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  4. 新春ジャニオタ放談
  5. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  3. 性暴力に遭った女性は繰り返し遭う
  4. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  5. 「捨てられる妻」の典型とは?

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー