“大根役者の宝庫”EXILE一族は「なぜ演技したがるの?」日テレ連動企画『HiGH&LOW』は“LDH神輿”か

EXILE0217.jpg

 EXILE TRIBEが所属する芸能プロ・LDHと日本テレビが共同で展開する大型プロジェクト『HiGH&LOW』が始動。“大根役者の宝庫”といわれる同事務所だけに、早くも心配の声が相次いでいる。

 『HiGH&LOW』は、1年をかけ、ひとつの世界観をドラマ、映画、配信、コミック、SNS、音楽、ライブといった多メディアで展開するプロジェクト。その第1弾として、連続ドラマが10月から日テレ深夜枠でスタート。さらに、インターネット動画配信サービス「Hulu」で、ドラマの特別版が配信されるほか、来年7月には映画『HiGH&LOW』が公開予定だという。

 同世界観は、EXILE・AKIRA演じる“琥珀”や、三代目J Soul Brothers・岩田剛典演じる“コブラ”が所属する伝説の不良チーム「ムゲン」が、EXILE・TAKAHIRO演じる“マサキ”と、三代目J Soul Brothers・登坂広臣演じる“ヒロト”の「雨宮兄弟」との死闘の中、突如解散。その後、発生した5つのチーム「山王連合会」「White Rascals」「鬼邪高校」「RUDE BOYS」「達磨一家」の5つのチームによるプライドをかけた抗争や、謎の組織「MIGHTY WARRIORS」との闘いが中心に描かれるという。

 ネット上では、ファンが「楽しみ!」などと期待感をにじませる一方で、「AKIRAにTAKAHIROって、もう“大根臭”しかしない……」「この人たち、なんで演技したがるの?」「ただでさえ連ドラ枠減ってるのに、ちゃんとした役者のドラマが見たい」など、辛らつな意見も。特に、過剰な棒読みから“お経俳優”と揶揄されているAKIRAがメインにキャスティングされていることに対し、不安を覚える人が多いようだ。

「造語好きでお馴染みのEXILE一族らしい、独特な世界観ですね。日テレサイドは、特に『Hulu』の加入者増加に期待を寄せているとか。4月期に放送されたTAKAHIRO主演の一族出演ドラマ『ワイルド・ヒーローズ』(日本テレビ系)は、全話平均視聴率こそ8.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)とそこそこでしたが、脚本のハチャメチャさから“壮大な不良コント”などと呼ばれ、ファン以外からもカルト的な人気を誇った。同様に『HiGH&LOW』も独りよがりな脚本が予想されますが、今回はどちらかというと、EXILE一族のプロモーションビデオ的な作品になりそう。言うなれば、日テレがLDHのアーティストを神輿に乗せ、1年かけてワッショイワッショイと担ぐ格好になりそう」(テレビ誌記者)

 十八番の“不良モノ”で勝負をかけるEXILE TRIBE。日本を代表するエンターテインメント集団としての実力を、演技でも発揮できるだろうか?

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  3. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  4. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  5. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  6. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  7. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  8. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  9. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  10. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  11. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  12. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  13. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  14. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  15. 20~30代女性「あこがれていた歌姫」
  16. “もう終わった”イケメン俳優3人
  17. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  18. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  19. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  20. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  5. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ
  5. 「捨てられる妻」の典型とは?

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  3. クリス・ブラウンが世紀のボクシング対決
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー