芸能界ってなんでも許されるのだなあ

失言連発&大炎上の和田アキ子、マスコミ関係者が語る「テレビ出演が減らないワケ」

godsister2.jpg
アッコを語るなら吉村を連れてこないと!

 歌手の和田アキ子が集中砲火を浴びている。かねてより“嫌われタレント”のトップに君臨しているが、ネット社会となった現代では、番組内で失言があればたちまちネット上に書き込まれ、炎上騒動へと発展する。中でも、嫌われ者の和田だけに「全国にウォッチャーがいるので、手ぐすね引いて和田の失言を待っていますよ」とワイドショー関係者は明かす。

 先月3日のレギュラー番組『アッコにおまかせ!』(TBS系)では、歌手・宇多田ヒカルの第一子出産のニュースについて「妊娠したことも言わなかったのに、どうして産んでから……」「やっぱり、新曲のあれかね? プロモーション」と発言。ネット上では「下衆の勘繰りにもほどがある」「なぜおめでとうの一言が言えないのか」と批判が相次いだ。2週間後の放送でも、芥川賞を受賞したピース・又吉直樹の『火花』(文藝春秋)について「『純文学の匂いがする』とか『文章に純文学を感じた』というが、何も感じなかった」と首を傾げた。

 また、今月6日放送の『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)では、4月に開かれたタレント・安田美沙子の披露宴での和田の横暴ぶりが話題に。共演者の勝俣州和によれば、和田は安田に「(披露宴を)2時間で終えろ」と伝え、披露宴後に安田と食事をするために飲食店を予約。お祝いスピーチに対しては「長いわ」「つまらんわ」と文句を言い、挙げ句の果てには、人気ロックバンド・BUMP OF CHICKENが、披露するはずだった曲の数を「早く飯屋に行きたい」という理由で、強制的に減らさせたという。

 こうした和田の横暴はすぐさまネットニュースになり、大炎上。しかし、好感度は下がり続けているものの、和田の露出が目に見えて減ることはない。なぜだろうか?

「もちろん、大手芸能事務所ホリプロの看板タレントということで、ある程度の業界力学が働いている部分はあります。ただ、それだけではないんです。彼女には『初回の和田アキ子』『ゲストの和田アキ子』という異名があるんです」

 そう語るのはテレビ関係者。調べればわかるが、和田は新番組、なかでもバラエティの初回ゲストに起用される機会が異常に多い。

「和田さんを初回に起用すると、なぜか視聴率が伸びるんです。ゲスト出演でも比較的いい数字を取る。これは長年のデータでハッキリ出ています。残念なことに歌番組のゲストでは、その効果は認められませんでしたが……」(前出・テレビ関係者)

 和田がなぜ数字を“持っている”のかは不明だが、別のテレビ関係者は「大物・和田アキ子が司会者にツッコまれ、喜怒哀楽を露わにする姿を見たいのでは? アンチが多いことを逆手に取った戦法です」と推察する。くしくも「早く消えてくれ!」と言いながら、和田の失言をチェックしているアンチが貢献しているようだ。

あき竹城も数字持ってるって聞いたけど!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  2. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  3. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  4. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  5. 新春ジャニオタ放談
  6. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  7. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  8. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  9. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  10. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  11. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  12. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  13. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち
  14. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  15. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  16. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  17. “もう終わった”イケメン俳優3人
  18. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  19. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  20. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. 『カウコン』意外な舞台裏
  4. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  5. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー