【うわさの会見場から】

熊切あさ美、“会見強制終了”でド修羅場! 「何のために呼んだんだ」とマスコミぶち切れ!!

2015kumakirdvd.jpg
『禁断の女子刑務所』/オールインエンタテインメント

 片岡愛之助との“泥沼破局騒動”が取り沙汰されている熊切あさ美が5日、オンラインゲーム『ソウルワーカー』完成披露発表会に登場した。騒動後初めて公の場に登場したため、報道陣が殺到したが、囲み取材は約5分で強制終了という事態となり、現場では記者たちの怒号が飛び交ったという。

 5月28日発売の「女性セブン」(小学館)で、愛之助と藤原紀香の熱愛&同棲が報じられたことが発端となった泥沼破局騒動。同月29日放送の『情報ライブ ミヤネ屋』(日本テレビ系)で、熊切本人が破局を否定したものの、愛之助は「破局した」と主張し、6月には熊切がニコニコ生放送で「愛情がなくなりました」と涙ながらに訴えていた。

「5日の会見には、有名レポーターも来ており、冒頭から破局騒動の話題になりました。愛之助への未練は『ない』『前に進んでいる』と語るなど、本人は話す気満々だったようですが、3分くらいしたところで、PR会社スタッフから『会見を終了します!』と声が飛んできたんです。この関係者は、こうした“スキャンダルを起こした芸能人の会見”に不慣れだったようで、熊切やマスコミの意向を無視して強制終了。記者たちからは、『何のためにマスコミを呼んだんだ!』『何やってんだよ、こいつら!』との叫び声が飛び交い、険悪な雰囲気となってしまいました」(ワイドショースタッフ)

 その一方的な強制終了は、同席していたKABA.ちゃんにも悪影響を及ぼしてしまった。

「実はKABA.ちゃんも、性別適合手術(性転換手術)を行う意思を公表してから、初めての公の場だったんです。会見では、『戸籍もなるべく変えたい』『母親のような女性にはなりたくない』と少しだけこの話題に触れていましたが、まだまだ話し足りなさそうな感じで、煮え切らない表情で退場していきました」(同)

 熊切、KABA.ちゃん、マスコミ、PR会社と誰もが得をしないという、まれに見る“残念な会見”だったようだ。

芸能界の「押すなよ押すなよ~」を見誤ると一大事

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  2. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  3. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  4. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  5. 新春ジャニオタ放談
  6. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  7. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  8. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  9. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  10. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  11. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  12. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  13. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち
  14. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  15. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  16. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  17. “もう終わった”イケメン俳優3人
  18. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  19. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  20. 婚約中の浮気も不倫と同じ?

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. 『カウコン』意外な舞台裏
  4. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  5. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 「捨てられる妻」の典型とは?
  3. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  4. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  5. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー